シワ、たるみ対策・エイジングケアに良い栄養と食材と悪化する食材

本ページはプロモーションが含まれています
美容

シワ、たるみ対策・エイジングケアに良い栄養と食材と悪化する食材

加齢と共にシワやたるみが目立ってきます。
しかし、年齢を経てもいつまでも若々しくハリがある人もいます。

若いのにシワもシミも目立ち増えている人もいます。
これは、スキンケアや生活習慣も関係するとは思いますが、普段食べている食材からの栄養が大きく関係しています。

そこでシワ、たるみ対策、エイジングケアに良い栄養や食材や逆に悪化する食材を調べてみました。

シワ、たるみ対策・エイジングケアに良い栄養と食材

シワ、たるみ対策・エイジングケアに良い栄養と食材についてX(旧Twitter)ポストから引用します。
https://twitter.com/kurasikaiteki3/status/1695926161010770081

以下に書き出します

シワ、たるみ対策の栄養と食材💚
コラーゲンで手羽先、豚足、牛スジ他

ビタミンCで苺、キウイ、柿、パプリカ他

アスタキサンチンで鮭、エビ、カニ他

🍀but甘い飲食物の摂り過ぎで糖化し
シワやたるみが悪化するので注意☺️
糖化対策については
https://mutenka-diet.net/koutoukasayou/

上記ポストでは、シワ、たるみ対策・エイジングケアに良い栄養素は、コラーゲン、抗酸化作用がある栄養素のビタミンC、アスタキサンチンと書いていますね。

食材も、手羽先、豚足、牛すじ、イチゴなど果物、サーモンなど色々掲げています。

他の抗酸化作用がある栄養素のビタミンEやセレン、アントシアニンなどもシワ、たるみ対策・エイジングケアに期待できます。

ビタミンEは、 アーモンド、ひまわりの種、ほうれん草などに含まれていて肌を保護しシワを軽減します。

ミネラルのセレンは、ブラジルナッツ、鶏肉、魚に含まれて皮膚の健康をサポートしますが、過剰摂取で毒性があるので、食べ物だけでとる方が安心です。

アントシアニンは、ブルーベリー、紫キャベツ、ナスの皮などに多いです。
アントシアニンは目に良い?食べ物やサプリやもっと良い成分も確認!

そのほかの栄養素でシワ、たるみ対策・エイジングケアに良いものを以下に追記します。

オメガ3脂肪酸→サケ、マグロ、チアシード、亜麻仁などの食品に含まれます。
炎症を抑制し、肌の弾力性を改善します。

亜鉛→肉、貝類、豆類、種子に含まれ、肌の修復と再生を助けます。

緑茶→抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富で、肌を若々しく保つのに役立ちます。

プロテイン(たんぱく質)→魚、鶏肉、豆腐、乳製品などから摂取できます。
肌のコラーゲンとエラスチンの生成に必要です。

追記:肌のハリアップでエラスチンをサプリで摂りたい時は以下をどうぞ
食べるビューティーコスメの評判!摂った方が良い人と不要な人!
エラスチンだけでなくヒト型セラミドやアグアヘも含んで人気です。

ビオチン→バナナ、卵、アーモンド、大豆などに含まれます。
健康な肌と髪をサポートします。

βカロテン→人参、パプリカ、かぼちゃ、さつまいもなどに含まれます。
皮膚の再生を促進します。

ヒアルロン酸→鰻、魚の目、フカヒレ、鶏手羽、鶏トサカ、鶏皮、スッポンなどに含まれます。
肌の水分保持能力が向上し、ハリと潤いが保たれます。

ヒアルロン酸はスキンケアやサプリメントとしても含まれていることが多いです。
ヒアルロン酸で美肌・関節・ドライアイ予防効果と含む食材や増やす方法

ひざ関節の悩みに膝に貼るヒアルロン酸のヒアロエイドがヒアルロン酸アイテムでは人気です。
膝に貼るヒアルロン酸「ヒアロエイド」が人気!メリットとデメリット対策

以上の栄養素も含んでバランスよい食事を心がけることです。
自分で栄養バランスを整えるのが苦手だったり忙しい人は、宅配食を1日1食だけでも利用すると効果的です。
低糖質の宅配弁当の違い比較と選び方!ヘルシーで安くて美味しいのはどれ?

シワ、たるみ対策・エイジングケアに他で注意したいことは、紫外線対策で日焼け止めの使用です。

なおかつ保湿やエイジングケアに良いスキンケアも心がけることで、シワやたるみ対策、エイジングケアが効果的に行えます。
アンチエイジング肌

もちろん十分な睡眠とストレス管理も肌の健康維持に大事です。

色々注意しても、シワ、たるみ対策・エイジングケアなどの悩みが深い場合は、専門医のオンライン診療を受けると効果的です。
自宅に居ながら美肌!専門医のオンライン診療(診察)で、おすすめは?

専門医に相談するほどではないけれど、全身の美肌やエイジングケア、更年期対策に良いケアをしたい人は、今は膣美容液も人気です。
膣の美容液(ヒト幹細胞培養液配合)ラシーネで肌の潤いとエイジングケア!

シワ、たるみ対策・エイジングケアに悪い食材など

どんなにシワ、たるみ対策・エイジングケアに良い食材をとって生活習慣も気をつけていても、肌の老化を促進する栄養素を含む食材を摂りすぎると、無駄になります。

そこでシワ、たるみ対策・エイジングケアに悪い成分を含む食材についても書きます。

先述したX(旧Twitter)の最後でも案内していたように糖質を摂りすぎると老けます。
肌も体も老化してしまうんです。
詳しくは以下の記事でどうぞ
抗糖化作用がある食材の糖化阻止率!美肌と老化予防の為に糖質を減らすべき?

甘いお菓子、ケーキ、ファーストフード、お好み焼き、たこ焼き、お酒など減らしたいですね。
おやつだけでなく低糖質の食事を宅配食でとりたい人は、先述した以下の記事もどうぞ
低糖質の宅配弁当の違い比較と選び方!ヘルシーで安くて美味しいのはどれ?

肌の老化、シワ、たるみ対策・エイジングケアに悪い成分を含む食材は、糖質以外にも色々あります。
以下に書き出します。

トランス脂肪酸→マーガリン、ショートニング、加工食品、ファーストフード、ポテトチップスなどスナック菓子などに多く含まれています。
これらの脂肪は炎症を引き起こし、皮膚の老化を促進する可能性があります。

アルコールの過剰摂取→お酒、ビール、ワインなどアルコール飲料
アルコールは皮膚の水分を奪い、肌の炎症や赤みを引き起こすことがあります。

過度な塩分摂取→塩分が多い食事、インスタントラーメンなどの加工食品など
高塩分の食事は体内の水分バランスを崩し、浮腫みを引き起こし顔のたるみが悪化します。

高脂肪食→脂身が多い肉、バターなどを多く使った料理
肌が脂質過多になり、にきびや皮脂過剰分泌を引き起こしやすくなります。

タバコ→血管を収縮させ、酸素や栄養分の供給を妨げるので、皮膚の老化を加速させます。
喫煙で有害な活性酸素も生成されますから、肌だけでなく体が老化します。

食材以外でのシワ、たるみ対策・エイジングケアに悪いことは、ストレスです。
慢性的なストレスは体内の炎症を増加させ肌の老化を促進します。
ストレス管理はエイジングケアにも大事です。
ストレスを減らす食べ物や飲み物!ストレス対策と逆効果にならないコツ

色々気をつけても老化が加速している人
自分に合った方法で若々しくありたい人
自分に合ったアンチエイジングでシミやくすみ、エイジングケアしたい人は
専門医によるオンライン診療で相談してみるのも良いと思います。
自宅に居ながら美肌!専門医のオンライン診療(診察)で、おすすめは?

元気で長生きするコツ!無料講座案内
薬剤師の知識と経験もフル活用で実践し効果を実感中の情報を無料で提供中
お金がどんなにあっても健康じゃないと楽しくないんです。
遅すぎるということはないので今から健康になって笑顔で楽しく長生きしましょう
アンチエイジングで美肌になり最期まで元気に暮らしたい人は、ぜひ、どうぞ
詳しくは↓
美肌で健康寿命を延ばす10のコツ
美容
シェアする
薬剤師サト愛のヘルシーレシピ!美肌健康ダイエット!