人参とレタスと餃子の皮の無添加スープでダイエット!

スープやシチュー

人参とレタスと餃子の皮の無添加スープでダイエットの話です。

人参の効能効果も書きましたよ。

最近は野菜のスープをよく作っています。

以前もさつまいもとウズラ豆の豆乳スープの記事を書きましたね。

基本的に似ているのですが、中身を人参とレタスと餃子の皮にしました。
こんな見た目です。

人参とレタスと餃子の皮の無添加スープレシピ

とっても美味しかったのでレシピを書きますね。

もちろん今回も添加物無しの無添加ダイエットレシピです。

なお、今回はレタスを使いましたが代わりにインゲンでも美味しかったです。

夫は、レタスの方が好きだそうですが、私はインゲンの方がもっと好きかも。

今回は、人参とレタスとの組み合わせのスープです。
材料2人分
水360cc
餃子の皮2枚(麺みたいに縦にカットしておく)
人参1/3本
レタス1枚(別に蒸してカットしておく)
昆布の粉末小さじ1/2杯
鰹節小さじ1杯くらい
塩少々(好みの量)
しょうゆ小さじ1/2杯

レシピ
1:水360ccを鍋に入れる
2:人参を食べやすい大きさにカットして塩少々と一緒に鍋に入れて茹でる
3:人参がやわらかくなったら、別にカットしておいたレタスを加える
4:麺みたいに縦にカットした餃子の皮を加える。
5:昆布と鰹節を入れて一煮立ちさせる。
6:しょうゆを好みで垂らしてできあがり

美味しく作るコツや別バージョン

なおインゲンを使う場合は、2の人参と一緒に入れて茹でるといいです。

レタスの場合は、一緒だと青臭さが出るので上記のように別蒸しの方が美味しかったです。

餃子の皮は、麺みたいに細長くカットすると食感が面白くて美味しかったです。

好みでちぎって入れてもいいと思います。

餃子の皮の中に具を入れても美味しいです。

餃子の皮はメーカーによって添加物が入っているものもあります。

原材料を確認して添加物がないものを選びましょう。

昆布の粉末がない場合は、普通の昆布をカットして使うといいです。

人参の効能効果


人参は、βカロチンが豊富なので有名ですね。

βカロチンは、抗酸化作用が高いので免疫力アップにも健康維持にも効果的です。

βカロチンは、体内でビタミンAに変わります。

ビタミンAは、髪の健康や目や粘膜や美肌など体の健康維持に大切なものですね。

喉や肺といった呼吸器の健康維持にも有効です。

油を使うと吸収もアップするので良いと言われていますよ。

他には、人参はカリウムが豊富です。

カリウムは、体内の余った塩分を体外に出す働きがあります。

巡りをよくするのでむくみ対策にもいいですね。

そして人参は食物繊維も豊富です。

食物繊維は、腸内環境改善に大きく役立ちますよ。

善玉菌の餌になるので、お通じの調子もよくなります。

ぽっこりお腹も解消に向かいますよ。

便秘気味な人もダイエットしたい人も美肌を目指す人にも人参はぜひ食べたい野菜です。

生でカットしてサラダに入れるのもいいですね。

人参が苦手な人はすりおろしてオムレツに入れたり、お好み焼きに入れたり、手作りケーキに入れるのもいいです。

毎日食べたい野菜の一つが人参です。

もっと詳しい人参の栄養素や注意事項など薬剤師視点で書いている記事もどうぞ。
人参の効果!栄養素βカロテンで抗酸化作用!効果的な摂り方と食べ過ぎ注意

タイトルとURLをコピーしました