L-シスチンとL-システインの違いや効果!含む食材と過剰摂取や不足症状

シスチン栄養素(成分)

L-シスチンとL-システインの違いや効果!含む食材と過剰摂取や不足症状

人気の薄毛サプリにアミノ酸のL-シスチンが入っていたので詳しく調べてみました。
すると髪だけでなく、爪や肌にも良い効果があるようです。
更に色々期待できそうな成分なので探求しました。

よく似ている名前のL-システインとの違いや摂り過ぎや不足時の症状も気になったのでリサーチしました。

今回の話であなたが得られることは以下の3点です

L-シスチンとL-システインの違いと具体的な効果
L-シスチンを含む食材には何がある?
L-シスチンの過剰摂取や不足などでの注意点とサプリ

L-シスチンとL-システインの違いと具体的な効果

L-シスチンとL-システインの違いと具体的な効果について話します。

まず違いですが、L-シスチンは、非必須アミノ酸のL-システインが2分子結合のアミノ酸のことです。

L-シスチンは、体内でL-システインに分解されて効果を発揮します。

つまりL-シスチンの効果は、体内での効果となるL-システインの効果と同じと言えます。

そこでL-システインの効果について詳しく見てみましょう。

メラニン色素の生成抑制することで肌の美白効果が期待できます。
具体的に言うとメラニン色素になるチロシンを抑制する仕組みです。

体の新陳代謝も促進します。
つまり肌の新陳代謝も促進するので美肌効果が期待できます。
髪の新陳代謝も促進するので育毛効果が期待できます。

ところで髪の毛の85%を占めるタンパク質のケラチンのメイン成分がシスチンでもあります。
だから髪の毛にシスチンは必須と言えますね。
以下に関連記述を引用します。

ケラチンのアミノ酸組成で最も含有率が高いのはシスチンです。次いでグルタミン酸、アルギニン、この3種だけでケラチンのおよそ40%を占めています
引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000143.000013377.html

話をL-システインに戻します。

L-システインは、コラーゲン生成を助けるので、肌、髪、爪にハリとコシを与える効果も期待できます。

更にL-システインは解毒効果や抗酸化作用もあります。
だからデトックスや老化予防に役立ちます。

以下の記事を引用します。

システインは生体にとって解毒及び抗酸化作用に重要なグルタチオンの構成アミノ酸の一つである。
引用元:http://www.kyowahakko-bio.co.jp/rd/aminonavi/function/modal_12.html

グルタチオンの構成アミノ酸なので解毒、抗酸化に役立つんですね。

L-システインは、L-シスチンを含む食材からも摂取できますが、必須アミノ酸であるメチオニンを摂ることでも体内で合成できます。
メチオニンの効果!多い食材と過剰摂取と不足の症状や注意点と1日目安量

他ではL-シスチンは免疫力の維持にも効果があるようです。
以下に引用します。

高強度のトレーニングを行うと、免疫細胞NK細胞の活性化が低下します。L-シスチン、テアニンを摂取することにより、トレーニングによる免疫力低下が抑制されたことから、L-シスチンは免疫力維持効果が期待されています。
引用元:https://himitsu.wakasa.jp/contents/l-cystine/

L-シスチンを含む食材やサプリと過剰摂取や不足などでの注意点

次にL-シスチンを含む食材やサプリと過剰摂取や不足などでの注意点について話します。

L-シスチンを含む食材

L-シスチンを含む食材については、先日ツイートしていたので引用します。
https://twitter.com/kurasikaiteki3/status/1507499067076620292

以下に書き出します

L-シスチンの効果と食材🍀L-シスチンは、L-システインが2分子結合のアミノ酸💚体内でL-システインに分解で効果💚美白、髪・爪・肌を健康に保つ、老化予防、解毒作用他💚肉、魚、卵、大豆、オート麦、小麦胚芽、ニンニク、玉ねぎ、ブロッコリー、芽キャベツ等に含まれる☺️

L-シスチンは、アミノ酸なので肉、魚、大豆製品に多い傾向です。
ブロッコリー、芽キャベツ等アブラナ科の野菜やニンニク、玉ねぎなどネギ類にも含まれますね。
オートミールや小麦胚芽にも含まれています。

L-シスチンは、色々な食べ物に含まれています。

だから偏らずに肉、野菜とバランス良く食べることで健康に役立ちます。

とはいえ加齢で薄毛や肌荒れ、免疫低下など気になってきたらL-シスチンを含むサプリなどを飲んで栄養を補強するのは大事です。

L-シスチンの過剰摂取や不足などでの注意点とサプリ

ここでL-シスチンの過剰摂取や不足などでの注意点も話します。

わかりやすい記事があったので引用します。

L-シスチンを過剰に摂取すると、インスリン[※3]の働きを阻害し、糖尿病[※4]で血糖制御を悪化させる可能性があります。また、尿へL-シスチンが多く排泄されると、膀胱結石の原因となることがあります。

一方、L-シスチンに含まれるイオウは、皮膚、髪、爪をつくる非常に丈夫なたんぱく質の成分となり皮膚を強くし、髪や爪を健康に保ちます。そのため、L-シスチンが不足すると、皮膚炎やシミの原因となるほか、爪がもろくなる、髪が抜ける、解毒力の低下などにつながってしまいます。
引用元:https://himitsu.wakasa.jp/contents/l-cystine/

過剰でも不足でも困るのでちょうど良い量を摂るように意識したいですね。
サプリなどは、それぞれ書かれている目安量を守って飲み過ぎないように注意しましょう。

40代以降は、普段の食べ物だけではL-シスチンも不足しがちになる傾向です。

40代以降で爪がもろくなったり、髪が抜けたり、シミが消えなかったり、肌荒れしてきたら、不足気味というサインです。
サプリなど自分にとって摂りやすい形で意識的に増やしましょう。

例えばサプリではなくスーパーフルーツのジュースですが、私が毎朝飲んで気に入っている豊潤サジーもシスチンを含みます。
その他ビタミンやミネラルなど不足しがちなのを補ってくれる美味しいジュースです。
黄酸汁豊潤サジーの栄養レビュー!美味しい飲み方と1日目安量

薄毛対策など髪の健康に役立つと人気のヘアバースサプリメントもL-シスチンが含まれています。
美肌や健康にも役立つ成分がバランス良く含まれています。
髪の毛の健康が気になる人に役立つ人気サプリです。
ヘアバースサプリプレミアムの効果!成分はCYPサプリでボリュームアップは本当?

タイトルとURLをコピーしました