レモンタイムの無添加クラッカーで糖質ダイエット!

無添加ダイエットレシピ - パンやお菓子など

レモンタイムの無添加クラッカーで糖質ダイエットです。

 

ルーフバルコニーで育ったハーブのレモンタイムを使って塩味の無添加クラッカーを作りました。

 

思ったより美味しかったのでレシピを残します。

 

カロリーが低くなるようにバターは使わず、太白胡麻油を使いました。

 

レモンタイムの無添加ビスケットレシピ

材料:天板1/4くらいの量
強力粉50cc
全粒粉50cc
重曹小さじ1/4杯
塩小さじ1/2杯弱
レモンタイム適量(今回は1枝)
太白胡麻油小さじ1杯
豆乳20cc(硬さで適宜増減する)

 

作り方
1:ボウルにすべての材料を入れて軽く混ぜる。
2:冷蔵庫に30分くらい寝かせる
3:綿棒でクッキングシートを敷いた天板に伸ばす
4:オーブン180度で10分焼いてできあがり。

 

出来上がりはこんな感じです。

 

切り分けて半量をお皿に載せました。

 

夫は甘党ですが、このレモンタイムの無添加クラッカーは、好きだったみたいでパクパク食べていました。

 

美味しいけれど、もう少し塩分控えめがヘルシーでいいかもという意見です。

 

なお息子夫婦にも出してみたら、二人には今一歩のようです^^;
市販のクラッカーに比べてサクサク感が少ないからかもです。

 

出来立ては、サクサクなのですが時間が立つとしんなりするのが欠点です。

 

高野豆腐っぽいとお嫁さんは言っていました。
息子は、ハーブ嫌いといいながらも、パクパク食べてはいました。

 

改良の余地があるかもしれませんが、夫が美味しいと言っていたのと
材料や作り方を忘れたくないので記事にしてみました。

 

食べるたびにオーブンで少し温め直すとカリッとなるかもですね。

ちなみに我が家では電磁波が多いからと夫が嫌うので電子レンジは使いません。
あると便利なんですけどね^^;

 

話を戻します。

 

レモンタイムのこのクラッカーは、糖質ダイエットに特にぴったりな塩味でカロリーも低めの無添加クラッカーです。

 

香りもほのかによくて、また作ってみようと思いますよ。

タイムの効能効果

 

我が家のルーフバルコニーで育てているレモンタイム(左側)とビオラとローズマリー(奥)です。

 

ビオラの花が増えて枯れかけたのでカットして飾りました。

 

一緒にタイムも1枝とって飾りましたよ。このタイムを今回のレシピに使っています。

 

では、ハーブのレモンタイムというかタイムの効能効果を書きますね。

 

タイムは、肉料理の香り付けや臭い消しに使われることが多いですね。

 

防腐効果があります。

 

抗菌作用もありますよ。

だからハーブティーにしてうがいに使うのも良いです。

私も冬になるとタイムティーを飲むことも多いです。

 

免疫力アップにもなりますし、噂ではピロリ菌も退治する効果もあるという話も聞きます。

 

そしてタイムは、でんぷんを分解する消化酵素αアミラーゼ(唾液中にあり)や小腸で分泌のαグルコシダーゼの分泌を阻害するそうです。

つまりでんぷんの分解が阻害されることで、糖分が体内に吸収されにくくなります。

 

ですから糖質ダイエットや糖尿病対策に、タイムは効果があると言えますね。

 

効果的なタイムの摂り方は、ハーブティーにして食前食後に飲むと良いみたいです。

 

200ccの熱湯に好みの量のタイムを入れて1分くらいすれば、色が出ますので、出来上がります。

効果を期待したい場合は、5分くらいそのままにしてもっと成分を抽出してもいいかもですね。

 

ただ私は濃くすると飲みにくいと感じるので1分以内で色が出たら出来上がりにしていますよ。

 

タイムは、スーパーのスパイスコーナーにも売っていますから、もし育てるのが大変だと思う時は、買ってから作ってみてくださいね。

 

関連記事