70%以上カカオの無添加高カカオチョコレートで健康ダイエット!

無添加の食材

70%以上カカオの無添加の高カカオチョコレート(ハイカカオチョコレート)で健康ダイエットを目指したいと思います。

 

普通のチョコレートは、カカオがほんの少しで砂糖が多すぎるので
太りやすいですし健康にもよくないからです。

 

とはいえ、私はチョコレートが大好きで昔は板チョコを毎日1こ食べていましたよ。
ニキビができたり太ってしまったり・・
食べた後によく後悔していました。

 

じゃあ、チョコレートは、食べない方が良いのか?というと
高カカオチョコレートと呼ばれるカカオ分が70%以上の
チョコレートだと、抗酸化作用が高く健康にもダイエットにも良いのです。

 

でも添加物が多いとやはり気になりますよね。

 

そこで無添加で、なおかつカカオ分が70%以上の
高カカオチョコレート(ハイカカオチョコレート)を選んで最近は少しずつ食べるようになりました。

香料無添加の高カカオチョコレートの体験談

 

いろいろありますが、最近の私がよく食べるのは

ベルジアンの72%ダークココアニブチョコバーです。

 

こちらが原材料です。砂糖は少し入っていますが

香料が無添加なので買っています。

乳化剤は大豆由来なのでOKと判断しましたよ。

 

いつもは手作りの無添加バナナケーキに、このチョコを載せてオーブンで少し温めて溶かして食べることが多いです。

 

食べ過ぎないこつですよ。

高カカオチョコレート(ハイカカオチョコレート)の効能効果

高カカオチョコレート(ハイカカオチョコレート)の効能効果についても書いてみますね。

 

カカオマスには、カカオポリフェノール、食物繊維、各種ミネラルなどが豊富です。

 

高カカオチョコレート(ハイカカオチョコレート)は、カカオマスが豊富ですね。

 

カカオポリフェノールを多く含むカカオ成分70%以上の高カカオチョコレートを食べると
血管を広げる効果が期待できて、カロリーも抑えることができるので
高血圧の方の血圧は下げつつ、体重やBMIには影響がないことがわかったそうです。

 

つまり高血圧に良い降圧効果が期待できます。

 

カカオポリフェノールの抗酸化作用で、血中のHDL(善玉コレステロール)が明らかに上昇し、動脈硬化予防が期待できるという話もあります。

 

つまり高カカオチョコレートを少し食べると生活習慣病対策にも良いわけです。

 

記憶・学習などの認知機能を促進するタンパク質のBDNF(脳の海馬部分に多い)を増やす効果も期待されています。

 

記憶力がクリアになるのは、嬉しいですね。

 

そういえばチョコを食べると集中力がアップする気もしますね。

 

高血圧予防や動脈硬化予防など生活習慣病に良い効果や記憶力への良い影響など高カカオチョコレートには期待が高まります。

 

しかしいずれも食べ過ぎはダメです。

 

高カカオチョコレートを1日に25gくらいを何回かに分けて少しずつ食べると良いそうです。

 

間違って普通の甘いチョコを食べないように注意しましょう。

 

砂糖の害で太りやすくなるだけでなく逆効果で糖尿病など生活習慣病の危険が増大します。

砂糖が多いと肌荒れもしやすくなりますね。

 

ダークチョコレートでも砂糖が多くてカカオ分が少ないものも多いです。

 

必ず成分(材料)を見て70%以上カカオ成分と書かれている高カカオチョコレートをえらびましょう。

 

高カカオチョコレートの注意点

 

なお高カカオチョコレートは、カカオが多いので
カフェインも当然多くなります。

 

なのでカフェインが苦手な人や妊娠中は食べない方が良いです。

 

同じ理由で寝る前も食べないように注意したいですね。

 

普段からコーヒーや紅茶などをよく飲む人は、カフェインの摂りすぎにならないようにも注意です。

 

カカオ75%チョコレートで50gあたり、カフェインを 60mgくらい含むそうです。

 

推奨の高カカオチョコレート25gだと、30mgのカフェイン量です。

 

大人のカフェイン摂取の1日量は、400 mg(あるいは、5.7 mg/kg)までと言われています。

 

コーヒー1杯で通常、90㎎含みます。

 

つまり1日5杯以上飲む人は、コーヒーだけで1日量に近づきます。

 

カフェインの摂りすぎ、十分注意したいですね。

 

ちなみにココア100ml中のカフェイン量は、9.3mgと少ないです。

 

紅茶100mk中のカフェイン量は、30mgなのでコーヒーより少ないですが、ちょっと注意ですね。

 

それで紅茶が好きだった私ですが健康とダイエットのことも考えて今はカフェイン0のルイボスティーを愛飲しています。
有機ルイボスティーで抗酸化力アップ!でエイジングケア?

 

最近は紅茶よりルイボスティーの方が美味しいと感じますよ。

 

ルイボスティーなら、カフェイン0なので高カカオチョコレート(ハイカカオチョコレート)を一緒に食べてもカフェインの摂りすぎにならないので安心なのです。

 

70%以上カカオの無添加高カカオチョコレートを少し食べて健康ダイエットしたいですね。