胸の下の脂肪を落とすには?内臓脂肪を減らし生活習慣病を防ぐ秘訣

本ページはプロモーションが含まれています
ストレッチ ダイエット・スタイルアップ関連

胸の下の脂肪を落とすには?(胸下脂肪を減らす方法)内臓脂肪を減らし生活習慣病を防ぐ秘訣

胸の下の脂肪を落とすと、内臓脂肪も減らすことができ脂肪肝予防や生活習慣病予防にも繋がります。
もちろん、アンダーバストもスッキリするので、見た目もキレイになります。

しかし部分的に胸の下だけ痩せてダイエットすることは可能でしょうか?

そこで、今回は、具体的な胸の下の脂肪を落とす方法と、内臓脂肪を減らし生活習慣病を防ぐ秘訣について書きたいと思います。

胸の下の脂肪を落とすには?(胸下脂肪を減らす方法)

胸の下の脂肪を落とすには(胸下脂肪を減らす方法)、やはり運動が効果的です。

しかし前提条件として、食べ過ぎたら全体的の太るので、いくら運動しても胸の下の脂肪を落とすこともできません。

そして偏った食事だと不健康になるので美しくありません。

栄養バランスがとれた食事で少食が基本

野菜

野菜、果物など食物繊維も多く栄養バランスがとれた食事で少食を心がけることが大事です。
つまり、低カロリーかつ栄養価の高い食事が理想です。
その為にも、高タンパク質で低脂肪や低糖質の食事を心がけることです。

しかし自分で毎食、カロリーや栄養価を考えて作るのは大変だったりします。
しっかり作る習慣でも、忙しい時や疲れた時は、手抜きをしたくなるものです。
だけど外食やコンビニ弁当やスーパーのお惣菜は、高カロリーで高脂肪、高糖質で添加物が多いので太りやすくて健康に悪いのも事実です。

じゃあ、どうするのか?というと高タンパク質低脂肪や低糖質の宅配食サービスを活用すると良いです。
以下の記事を参考にどうぞ
ダイエット成功の鍵:高タンパク低脂質食のメリットとデメリットや注意点!

低糖質の宅配弁当も人気です。
低糖質の宅配弁当の違い比較と選び方!ヘルシーで安くて美味しいのはどれ?

運動して脂肪燃焼を促進

ストレッチ
胸の下の脂肪を落とすには、運動して脂肪燃焼を促進すると効果的です。

どんな運動が良いか?というと、有酸素運動、筋力トレーニング(筋トレ)、ストレッチなど柔軟運動などを組み合わせると良いです。

個人で適切な運動量は違いますから、無理しないことも大事です。

適切な運動の目安は、息がはずみ汗をかく程度の無理がない運動を週合計60分くらいを継続することです。

●まず、ストレッチなど柔軟運動を、筋トレや有酸素運動の前に軽くすると、体の動きが良くなり怪我しにくくなります。

ゆっくり手足を伸ばしたり、背伸びをしたりすると心地よいです。

方法はヨガでも良いですし、ラジオ体操も良いストレッチ運動になります。

●有酸素運動では、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳などから、好きなことで継続できそうなものを選ぶと良いです。

今の私は、ウォーキング(散歩)を週に3回くらいしています。
景色を見ながら歩くことで、気分転換にもなります。

全身運動になるので、全身のダイエットにも役立ちます。

筋力トレーニング(筋トレ)で、私が胸の下の脂肪が落ちやすいと感じたのは、プランクです。

プランクは、方法がとても簡単なのもメリットです。

私は毎日寝る前にストレッチ後に30秒くらいプランクをしています。
お腹も胸の下の肉もプルプルして鍛えられているのを感じます。
胸の下のお肉だけでなくポッコリお腹もスッキリします。
腹筋より簡単なので気に入っています。
体幹トレーニングにもなるので、おすすめです。
プランク

以下の動画は、プランクの基本の方法がわかりやすいので参考にどうぞ
私は、最初の30秒だけ実践していますが、今はそれくらいでちょうど良い感じです。
自分でできるところまでトライしてみてください。

以上3種類の運動を組み合わせると良いです。

中でも30秒で良いので毎日実践すると効果を実感できるのが、プランクです。
簡単なので、ぜひ、試してみてください。

更に効果を高めたい時は、普段の生活の中で加圧インナーを着用するのも胸の下やお腹が引き締まります。
姿勢が良くなる効果も期待できると人気なのがマッスルプレスタンクトップです。
マッスルプレスタンクトップ(MUSCLE PRESS TANK TOP)の口コミ効果やコスパ・噂を評価

内臓脂肪を減らし生活習慣病を防ぐ秘訣

野菜を食べる

次に内臓脂肪を減らし生活習慣病を防ぐ秘訣についても書きます。

先述した胸の下の脂肪を減らす方法を実践すれば、内臓脂肪も減るので生活習慣病を防ぐことに繋がります。

●つまり野菜、果物、全粒穀物など栄養バランスを考えた食事で少食が基本です。
特に高脂肪・高糖分の食品を減らして飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を制限することが大事です。

見逃しがちですが、特に栄養ドリンクは高糖分なので内臓脂肪が増えて脂肪肝になりやすいので飲まないようにしましょう。
脂肪分が多い肉やマーガリンやショートニング、揚げ油を多用した惣菜や加工食品、外食も避けた方が良いです。

自分で料理する時間がない人や手抜きしたいけれど健康に良い食事をしたい人は宅配食サービスを活用すると良いです。

高血圧や心臓病、糖尿病などの危険性が高い家系の人は、塩分過多にも注意が必須です。
高血圧や心臓病予防に!減塩食が必要な人とその理由と実践的な減塩対策

低脂肪も意識したい人は、以下の記事をどうぞ
ダイエット成功の鍵:高タンパク低脂質食のメリットとデメリットや注意点!

糖質過多になりがちで糖尿病の心配もある人は低糖質の宅配弁当を活用すると良いです。
低糖質の宅配弁当の違い比較と選び方!ヘルシーで安くて美味しいのはどれ?

●そして先述した胸の下の脂肪を減らすための運動をすることで、内臓脂肪を減らすことができます。

繰り返しますが、プランクが簡単で最も効果的だと実感しています。
プランク

もちろんストレッチや有酸素運動もした方が良いです。

外に出ることができない場合は、家の中で階段や踏み台を使って、踏み台昇降をするのも場所が要らず効果的です。

●ストレスを溜めない工夫も大事です。

ストレスがたまると、暴飲暴食になったりして逆効果です。
リラックスできる音楽を聴いたり、好きなことをしたりしてリフレッシュすると良いです。

瞑想するのも効果的です。
以下の記事も参考にどうぞ
ストレスを減らす食べ物や飲み物!ストレス対策と逆効果にならないコツ

●十分な睡眠をとることも大事です。

睡眠不足になると内臓脂肪の蓄積を促進する可能性があるからです。

質の高い睡眠を確保するためにも、寝る前に食べたりするのはやめましょう。
スマホやパソコンなどを見るのも良くないです。

寝る前に軽くストレッチするとよく眠れます。

以下の記事もどうぞ
熟睡に必要なことは何?悪い食材や良い食材と注意点や睡眠薬の副作用

●お酒(アルコール)を減らし禁煙しましょう。

過度なアルコール摂取やタバコは内臓脂肪の増加と生活習慣病のリスクを高めます。

お酒の飲み過ぎもタバコの吸いすぎも、胸の下の脂肪も増えやすくダイエットにも良くないですし、病気の原因になるので、注意しましょう。

可能なら禁酒、禁煙が効果的です。

以上を実践することで、胸の下の脂肪を減らし、更に内臓脂肪を減少させ脂肪肝予防になり生活習慣病の予防に役立ちます。

スッキリボディになって健康ライフを送りましょう。

元気で長生きするコツ!無料講座案内
薬剤師の知識と経験もフル活用で実践し効果を実感中の情報を無料で提供中
お金がどんなにあっても健康じゃないと楽しくないんです。
遅すぎるということはないので今から健康になって笑顔で楽しく長生きしましょう
アンチエイジングで美肌になり最期まで元気に暮らしたい人は、ぜひ、どうぞ
詳しくは↓
美肌で健康寿命を延ばす10のコツ
ダイエット・スタイルアップ関連健康
シェアする
薬剤師サト愛のヘルシーレシピ!美肌健康ダイエット!