ダイエット中の悩み解決!健康的な間食(おやつ)アイデア5選で安心

本ページはプロモーションが含まれています
ナッツ ダイエット・スタイルアップ関連

ダイエット中の悩み解決!健康的な間食(おやつ)アイデア5選で安心

ダイエットしている時は、間食しない方が良いです。
特に甘いものを食べたり飲むとカロリーオーバーになりますし血糖値も上がります。
どんなに食事に気をつけても血糖値を上げるおやつ(間食)は、逆効果で太りやすくなりますし糖尿病などのリスクもアップします。

しかし間食したいのに我慢し過ぎてもストレス過多で逆効果です。
だから甘いものやパン、ご飯、麺など糖質を多く摂ってしまった時は、金の菊芋を飲むと良いです。
金の菊芋は、機能性表示食品で食後の血糖値上昇を抑えてくれるからです。
金の菊芋の口コミ!人気の理由と他の菊芋サプリとの違い!注意点アリ!

とはいえ毎回サプリに頼ってばかりではなく、食べ過ぎた時にこそ活用した方が効果的です。
そこで血糖値を直ぐに上げない健康的な間食(おやつ)のアイデアを体験も交えて書き出したいと思います。

ダイエット中の悩み解決!間食をとる際の5つのコツ

1糖質が多いものは減らす
2間食のカロリーは100kcal以内に抑える(最大でも200kcal未満)
3水分を多めに摂るが甘くない飲み物にする
4食事との栄養バランスを考え不足分を補う
5腸活効果がある食物繊維が多いものや発酵食品も選ぶ

以上5つを念頭において、血糖値を直ぐに上げない健康的な間食の具体例のアイデアを次に5つ掲げます。

健康的な間食(おやつ)具体的なアイデア5選で安心

1野菜スティックを食べる
野菜スティック
きゅうり、人参、セロリなどを野菜を食べやすくカットして、ハーブ塩などを少しつけて食べると良いです。
ローズマリーで手作りハーブソルトと栄養効果!簡単に美味しくなる使い方

注意点は、味付けでマヨネーズは油を含むので高カロリーなので避けた方が良いです。
私の場合は、ハーブ塩以外では豆乳ヨーグルトに醤油を少しかけたものをディップ代わりにします。

油分を少しとっても良い場合は、人参ドレッシングが気に入っています。
【材料4つだけ】簡単で美味しくヘルシーな人参ドレッシングの作り方と効果

野菜(食物繊維)を間食で補えるので健康的なダイエットに役立ちます。

2果物と豆乳ヨーグルト(無糖)を食べる
ヨーグルト
バナナ、りんご、マンゴー、ブルーベリーなどの果物に豆乳ヨーグルトをかけて食べるとタンパク質やビタミンが補えます。

果物(食物繊維)と豆乳ヨーグルト(発酵食品)で腸内環境の改善になる間食です。

しかし果物を食べ過ぎないことも大事です。
甘いのでカロリー過多になります。
生ではなくドライフルーツを食べる際は、更にカロリーが高いので特に食べ過ぎ注意です。

豆乳ヨーグルトは普通のヨーグルトよりカロリーが低いのでダイエット向きです。
簡単に手作りできます。
手作り豆乳ヨーグルトの作り方!カスピ海ヨーグルトの豆乳版!注意点あり

3ナッツを食べる
ナッツ
胡桃、アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツ、ピスタチオなどを食べると良質な脂肪やミネラルなどを補えます。
しかし素焼きのナッツにしましょう。
味付きだと高カロリーになったり添加物が含まれたりでダイエットにも健康にも良くないからです。

4茹で卵やサラダチキンや小魚などを食べる
ゆで卵とサラダチキン

茹で卵は、たんぱく質が豊富なので満腹感を感じやすいです。
サラダチキンは、自分でも作れますが、コンビニでも売っています。
小魚も食べるイリコなど色々あります。

他では無添加のアタリメ(サキイカ)もコンビニでも買えます。
選ぶときは、添加物がない、原材料は塩とイカだけのアタリメが良いです。

どれもタンパク質を補えて満腹感を感じやすいです。

アタリメだけでなくサラダチキンや小魚もコンビニなどで選ぶ場合は、出来るだけ添加物が少ないものを選ぶと良いです。
簡単にできるサラダチキンの手作り方法は以下でどうぞ
柔らかチキン!鶏肉の胸肉の放置レシピ&イミダゾールペプチドの抗酸化作用

5チーズを食べる
ナチュラルチーズ
チーズは色々な種類がありますね。
砂糖など添加していないナチュラルチーズを選ぶ方がダイエットに良いです。

プロセスチーズは添加物が多い傾向なので、できれば選ばない方が良いです。
コンビニでも売っているナチュラルチーズで満足度が高いのは、カマンベールチーズです。

以上5つの具体的な間食(おやつ)の具体例を書きました。

水分に関しては、甘くない飲み物が必須です。
普通の甘いジュースだけでなくスポーツドリンクも甘いので飲まないようにしましょう。

人工甘味料入りの清涼飲料水も有害なので避けた方が良いです。

白湯、お茶、コーヒー(ブラック)、紅茶、烏龍茶、麦茶、ハーブティーなどを飲むと良いです。

私は、間食したくなったら、ハーブティーをゆっくり時間をかけて飲むことが多いです。

間食にケーキやクッキーなどは食べないようにしましょう。
どうしてもケーキなど食べたい場合は、食後に少し食べると良いです。

ダイエットは、継続が大事です。
だから甘いものを我慢しすぎてストレスが溜まるのも逆効果になります。
自分の体調と目標体重などを考えて、調整すると良いです。

調整の一環で、甘いものやパン、ご飯、麺など糖質を摂り過ぎた時は、金の菊芋を飲むと良いです。
金の菊芋は機能性表示食品で食後の血糖値上昇を抑えてくれるからです。
金の菊芋の口コミ!人気の理由と他の菊芋サプリとの違い!注意点アリ!

ストレスを溜めないで美味しく健康的な間食(おやつ)を食べて、スッキリ健康に良いダイエットを続けたいですね。

元気で長生きするコツ!無料講座案内
薬剤師の知識と経験もフル活用で実践し効果を実感中の情報を無料で提供中
お金がどんなにあっても健康じゃないと楽しくないんです。
遅すぎるということはないので今から健康になって笑顔で楽しく長生きしましょう
アンチエイジングで美肌になり最期まで元気に暮らしたい人は、ぜひ、どうぞ
詳しくは↓
美肌で健康寿命を延ばす10のコツ
ダイエット・スタイルアップ関連
シェアする
薬剤師サト愛のヘルシーレシピ!美肌健康ダイエット!