無添加ヘルシーなココアゼリーやコラーゲンサプリでエイジングケア!

無添加ダイエットレシピ - パンやお菓子など - 体験談

無添加ヘルシーなココアゼリーやコラーゲンサプリでエイジングケアの話です。

 

この記事では、ココアゼリーの簡単レシピとダイエットや健康にも役立つ体験もわかります。

 

なおかつ、コラーゲン入りの他の食材の話、コラーゲンが体内でどんな働きをしているか も理解できます。

 

年齢的にコラーゲンが不足しがちで顔のたるみケアで使っているスキンケアや私も時々追加で飲むコラーゲンサプリの「すっぽん小町」の話も書いています。

無添加ヘルシーなココアゼリーの簡単レシピ

市販のゼリーは、砂糖入りで添加物も多いので健康的にもダイエットにも今一歩ですよね。

 

そこで砂糖も添加物も入れないダイエットにも健康にも美容にも良い甘くないココアゼリーを作ってよく食べています。

 

これです。

 

簡単なのでレシピを書きますね。

 

砂糖も人工添加物も無添加ヘルシーココアゼリーのレシピ

材料:

純ココア:小さじ1/4くらい

無調整豆乳:50cc

水:150cc

ゼラチン:1袋(5g)

(森永のクックゼラチン使用)

 

作り方

1:熱湯50ccにココアを入れてよく混ぜる

2:1にゼラチンを加えて混ぜる

3:2に豆乳と残りの熱湯100ccを加えて混ぜる

4:容器に3を移して冷めたら冷蔵庫で冷やして固める。

 

自然に底にココアの濃い部分が沈殿して以下のようになります。

 

私は、フルーツと一緒に食べるので甘さは加えていません。

ビタミンCが豊富な柿、キーウィ、苺、みかんなどと一緒だと効果的ですよ。

 

好みでメープルシロップやはちみつを少しかけるとデザートになります。

簡単にできて美味しいので、ぜひ、作ってみてください。

 

ちなみに夫は、醤油をかけて野菜のスムージーと一緒に食べています。

 

このココアゼリーの他には水のみの水ゼリーもよく作ります。

 

ココアゼリーか水ゼリーを毎日食べています。

 

カロリーも少ないのでダイエットにも健康にも美容にも良いのです。

 

コラーゲンとは?体のどの部分に存在

 

ところでコラーゲンって良く言いますが、体のどの部分に存在していると思いますか?

 

wikipediaで以下のように書かれています。

 

コラーゲン(英語: collagen、ドイツ語: Kollagen)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3

 

つまり、皮膚、靭帯、骨、軟骨などに大事なタンパク質なわけです。

 

だから加齢で減少すると、顔や体の皮膚のたるみ、膝の痛み、曲げ伸ばしが不自由になったりと、困ったことになるんです。

 

だからこそ、コラーゲンもしっかり取る必要がありますね。

 

コラーゲンでアンチエイジングの仕組み

 

先ほど書いたようにコラーゲンは、顔のたるみケアにも良いですね。

 

ただ体内でコラーゲンは、作られるのでコラーゲンをとったからと言ってそれがそのまま使われるわけではないのですよ。

 

一旦アミノ酸に分解されてから、その後体内でコラーゲンが生成されます。

 

一緒にビタミンCも摂ると生成に役立ちます。

 

作られたコラーゲンは、顔のたるみ対策に使われるのではなく、軟骨、靭帯、骨などに使われる部分が多数です。

 

それに年齢とともにコラーゲンも減少します。

 

だからこそコラーゲンの材料になる食べ物をしっかり食べたいですよね。

 

食べるだけでは、顔のハリ感など不足してきて体の動きも今一歩な場合は、後述しているサプリを飲んで私はコラーゲンを補っています。

 

コラーゲンを含む他の食材

 

コラーゲンの大切さ、私が毎日意識的にとろうとしていることが理解できたと思います。

 

私が毎日食べているゼラチンを使ったココアゼリーもコラーゲンが豊富です。

 

コラーゲンを多く含む食材は、他でも色々です。

 

例えば手羽先、豚足、鶏の皮、軟骨、牛スジ、牛テール、もつ鍋などに豊富です。

 

私も手羽先や手羽元のスープは、時々作りますよ。

 

他では、スッポン、フカヒレ、魚の皮、うなぎ、なまこ、くらげなどなど他にも色々です。

 

魚の皮も鮭とか美味しいので私も食べます。

 

うなぎも美味しいですが、ちょっとカロリー高いですよね。

 

エイジングケアには、加水分解コラーゲンも含むスキンケア

 

ところで最近、ほうれい線やマリオネットラインが気になる私です。

 

ほうれい線もマリオネットラインも顔のたるみが原因の一つです。

 

顔のたるみには、コラーゲンだけでなくヒアルロン酸も必要ですよ。

 

そこでスペシャルスキンケアで、貼るヒアルロン酸パッチのヒアロディープパッチも使っています。

ヒアロディープパッチは加水分解コラーゲンも含みますしプラセンタエキスも含むのでエイジングケアに最適です。
体験→ヒアロディープパッチを使ってみた感想!マリオネットラインにも良い?

加齢で食べるだけでは不足する時にはすっぽんコラーゲン

 

そして加齢でココアゼリーや手羽先などを食べるだけではコラーゲンが不足する時には、すっぽんコラーゲンのサプリを飲むようにしています。

 

すっぽん料理は、見た目や価格あまり食べたいとは思わないのですが、コラーゲン量が多いので摂りたいなと思うわけです。

 

それで私が時々活用するのが、すっぽんコラーゲンサプリのすっぽん小町です。

すっぽん小町

 

すっぽんコラーゲンのサプリはたくさんありますが、その中でも「すっぽん小町」を選ぶ理由は、すっぽんの品質が良いんです。

 

佐賀県産のはがくれすっぽんを丸ごと使用なのです。

 

コラーゲンとして1粒あたり134mg含有です。

 

そして「すっぽん小町」1袋あたりEPA1.83g、DHA0.8gも含まれるので巡りも良くなって、イライラにも良いという噂ですね。

 

その上価格も良心的で続けやすいのも「すっぽん小町」を選ぶ理由です。

 

くわばたりえさんなど、有名人も飲み続けてキレイをキープなのもお手本になります。

 

体の中からのエイジングケアには、すっぽん小町ですね。

 

アミノ酸が豊富なすっぽんコラーゲンがたっぷりなので飲むと顔がぷるんとした感じになりますよ。

詳しくは→アミノ酸たっぷり『すっぽん小町』
 

 

 

関連記事