カテゴリー:パンやお菓子など

記事一覧
ホームPage 1 / 512345

栗を圧力鍋で茹でたら美味しかった!茹で栗レシピと栗の効能効果!

無添加ダイエットレシピ - パンやお菓子など

栗を圧力鍋で茹でたら美味しかったので茹で栗レシピと栗の栄養素と効能効果も残します。

 

というか、ずっと記事にするのを忘れていました。

 

茹で栗は、1ヶ月くらい前に作っていましたよ。

 

たくさんできたので冷凍して少しずつ食べていたのですが

綺麗になくなりました。

 

冷凍しても美味しさは変わらないのが良かったです。

 

栗はスーパーの産直コーナーで新鮮で綺麗なのを買いました。

圧力鍋で作った美味しい茹で栗レシピ

 

圧力鍋で作った美味しい茹で栗レシピ

 

材料:

栗:1袋(300gくらいかな?)

水:栗を鍋に入れて十分にゆとりがあるくらい:600ccくらいかな

塩:少々

 

作り方

1:栗を洗って圧力鍋に入れる。

2:1に水を足して塩少々入れる

3:中火で2を温めて圧力が入ったら弱火で10分

4:圧力が下がってきたら、出来上がり

 

 

先がギザギザのスプーンですくって食べましたよ。

 

甘くてほっこりして絶品でした。

 

冷凍して自然解凍して食べた分も美味しかったですよ。

主人は、甘さが増すから、冷凍した茹で栗の方が美味しいとさえ言っていました。

 

また来年、栗の季節になったら作ろうと思います。

 

栗の栄養素と効能効果

 

栗の栄養素と効能効果も調べてみました。

 

栗は、バランスよく栄養成分を含んでいるそうです。

 

栗には特にB1が多い

特にビタミンB1が多いそうですよ。

 

ビタミンB1は、チアミンという化合物です。

体内でブドウ糖をエネルギーに変換する時に活躍する水溶性ビタミンなのです。

 

ビタミンB1が不足すると、脚気という症状になることもあるので注意したいですね。

普通にバランス良い食事をしていれば、不足にはなりません。

 

しかしインスタント食品ばかり食べている人が、現代でも脚気になることがあるそうです。

 

以下も参考にどうぞ。

ビタミンB1が不足すると、ブドウ糖から十分にエネルギーを産生できなくなり、エネルギーを産生できなくなり、食欲不振、疲労、だるさなどの症状が現れます。

また、脳はブドウ糖をエネルギー源としているため、ビタミンB1が不足するとエネルギーが不足し、脳や神経に障害を起こします。さらに、重症な場合は脚気(足の浮腫、しびれ、動悸・息切れ)やウェルニッケ・コルサコフ症候群(中枢神経が侵される障害)になり、重篤な場合は死亡することもあります。

引用元:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/vitamin-b1.html

 

江戸時代に白米を食べる習慣になって、糠に含まれていたビタミンB1をとらなくなって脚気になった話は、有名ですよね。

 

なお、ビタミンB1の過剰な分は、水溶性なので尿で排出されますので通常は心配ないです。

 

しかし以下の記述によるとサプリで人工的にとると副作用の恐れもあるようですね。

サプリで1日10gのチアミン塩酸塩を2週間半摂取し続けると、頭痛、いらだち、不眠、速脈、脆弱化(ぜいじゃくか:もろくてよわい)、接触皮膚炎、かゆみなどの症状が現れたという報告もあります。

 

引用元:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/vitamin-b1.html

 

ビタミン剤やビタミンサプリを飲む際は、過剰摂取に注意しましょう。

 

茹で栗を食べる分には、心配不要ですね。

 

栗にはビタミンCも多くて加熱に強い

 

栗はビタミンCも多いんです。

 

その上加熱にも強いので嬉しいですね。

 

ジャガイモみたいに、デンプンにビタミンCが包まれているから、加熱にも強いそうです。

栗を食べてビタミンCをとりたいですね^^

 

栗にはカリウムやタンニンも豊富で老化予防も期待!

 

栗には、カリウムも多いんです。

 

だからナトリウムを排出する働きをします。

 

つまり、高血圧予防も期待できそうですね。

 

さらに、渋皮部分には、タンニンが含まれています。

 

タンニンとは、ポリフェノールの一種です。

 

ポリフェノールといえば、強い抗酸化作用が期待できますね。

 

だから老化予防にも良いみたいです。

 

ただこの場合は、茹で栗ではなく、渋皮煮などで食べた方が良さそうですね。

 

美味しい茹で栗レシピと栗の効能効果のまとめ

 

美味しい茹で栗レシピと栗の効能効果のまとめです。

 

栗って案外栄養が多いですね。

 

ビタミンB1とビタミンCが多いのは、嬉しいですね。

 

食べると元気になって、お肌も綺麗になりそうです。

 

これからの季節は、甘栗で食べようかな。

 

少し栄養素は減るかもですが、壊れにくいビタミンCなので、少しはあるかな?

 

ただカロリーが高そうなのでダイエットには、食べすぎ注意でしょうね。

 

茹で栗も甘栗も冷凍して少しずつ食べると良いかな・・

とダイエット中の私は、思いましたよ。

 

 

 

無添加ヘルシーなココアゼリーやコラーゲンサプリでエイジングケア!

無添加ダイエットレシピ - パンやお菓子など - 体験談

無添加ヘルシーなココアゼリーやコラーゲンサプリでエイジングケアの話です。

 

この記事では、ココアゼリーの簡単レシピとダイエットや健康にも役立つ体験もわかります。

 

なおかつ、コラーゲン入りの他の食材の話、コラーゲンが体内でどんな働きをしているか も理解できます。

 

年齢的にコラーゲンが不足しがちで顔のたるみケアで使っているスキンケアや私も時々追加で飲むコラーゲンサプリの「すっぽん小町」の話も書いています。

無添加ヘルシーなココアゼリーの簡単レシピ

市販のゼリーは、砂糖入りで添加物も多いので健康的にもダイエットにも今一歩ですよね。

 

そこで砂糖も添加物も入れないダイエットにも健康にも美容にも良い甘くないココアゼリーを作ってよく食べています。

 

これです。

 

簡単なのでレシピを書きますね。

 

砂糖も人工添加物も無添加ヘルシーココアゼリーのレシピ

材料:

純ココア:小さじ1/4くらい

無調整豆乳:50cc

水:150cc

ゼラチン:1袋(5g)

(森永のクックゼラチン使用)

 

作り方

1:熱湯50ccにココアを入れてよく混ぜる

2:1にゼラチンを加えて混ぜる

3:2に豆乳と残りの熱湯100ccを加えて混ぜる

4:容器に3を移して冷めたら冷蔵庫で冷やして固める。

 

自然に底にココアの濃い部分が沈殿して以下のようになります。

 

私は、フルーツと一緒に食べるので甘さは加えていません。

ビタミンCが豊富な柿、キーウィ、苺、みかんなどと一緒だと効果的ですよ。

 

好みでメープルシロップやはちみつを少しかけるとデザートになります。

簡単にできて美味しいので、ぜひ、作ってみてください。

 

ちなみに夫は、醤油をかけて野菜のスムージーと一緒に食べています。

 

このココアゼリーの他には水のみの水ゼリーもよく作ります。

 

ココアゼリーか水ゼリーを毎日食べています。

 

カロリーも少ないのでダイエットにも健康にも美容にも良いのです。

 

コラーゲンとは?体のどの部分に存在

 

ところでコラーゲンって良く言いますが、体のどの部分に存在していると思いますか?

 

wikipediaで以下のように書かれています。

 

コラーゲン(英語: collagen、ドイツ語: Kollagen)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3

 

つまり、皮膚、靭帯、骨、軟骨などに大事なタンパク質なわけです。

 

だから加齢で減少すると、顔や体の皮膚のたるみ、膝の痛み、曲げ伸ばしが不自由になったりと、困ったことになるんです。

 

だからこそ、コラーゲンもしっかり取る必要がありますね。

 

コラーゲンでアンチエイジングの仕組み

 

先ほど書いたようにコラーゲンは、顔のたるみケアにも良いですね。

 

ただ体内でコラーゲンは、作られるのでコラーゲンをとったからと言ってそれがそのまま使われるわけではないのですよ。

 

一旦アミノ酸に分解されてから、その後体内でコラーゲンが生成されます。

 

一緒にビタミンCも摂ると生成に役立ちます。

 

作られたコラーゲンは、顔のたるみ対策に使われるのではなく、軟骨、靭帯、骨などに使われる部分が多数です。

 

それに年齢とともにコラーゲンも減少します。

 

だからこそコラーゲンの材料になる食べ物をしっかり食べたいですよね。

 

食べるだけでは、顔のハリ感など不足してきて体の動きも今一歩な場合は、後述しているサプリを飲んで私はコラーゲンを補っています。

 

コラーゲンを含む他の食材

 

コラーゲンの大切さ、私が毎日意識的にとろうとしていることが理解できたと思います。

 

私が毎日食べているゼラチンを使ったココアゼリーもコラーゲンが豊富です。

 

コラーゲンを多く含む食材は、他でも色々です。

 

例えば手羽先、豚足、鶏の皮、軟骨、牛スジ、牛テール、もつ鍋などに豊富です。

 

私も手羽先や手羽元のスープは、時々作りますよ。

 

他では、スッポン、フカヒレ、魚の皮、うなぎ、なまこ、くらげなどなど他にも色々です。

 

魚の皮も鮭とか美味しいので私も食べます。

 

うなぎも美味しいですが、ちょっとカロリー高いですよね。

 

エイジングケアには、加水分解コラーゲンも含むスキンケア

 

ところで最近、ほうれい線やマリオネットラインが気になる私です。

 

ほうれい線もマリオネットラインも顔のたるみが原因の一つです。

 

顔のたるみには、コラーゲンだけでなくヒアルロン酸も必要ですよ。

 

そこでスペシャルスキンケアで、貼るヒアルロン酸パッチのヒアロディープパッチも使っています。

ヒアロディープパッチは加水分解コラーゲンも含みますしプラセンタエキスも含むのでエイジングケアに最適です。
体験→ヒアロディープパッチを使ってみた感想!マリオネットラインにも良い?

加齢で食べるだけでは不足する時にはすっぽんコラーゲン

 

そして加齢でココアゼリーや手羽先などを食べるだけではコラーゲンが不足する時には、すっぽんコラーゲンのサプリを飲むようにしています。

 

すっぽん料理は、見た目や価格あまり食べたいとは思わないのですが、コラーゲン量が多いので摂りたいなと思うわけです。

 

それで私が時々活用するのが、すっぽんコラーゲンサプリのすっぽん小町です。

すっぽん小町

 

すっぽんコラーゲンのサプリはたくさんありますが、その中でも「すっぽん小町」を選ぶ理由は、すっぽんの品質が良いんです。

 

佐賀県産のはがくれすっぽんを丸ごと使用なのです。

 

コラーゲンとして1粒あたり134mg含有です。

 

そして「すっぽん小町」1袋あたりEPA1.83g、DHA0.8gも含まれるので巡りも良くなって、イライラにも良いという噂ですね。

 

その上価格も良心的で続けやすいのも「すっぽん小町」を選ぶ理由です。

 

くわばたりえさんなど、有名人も飲み続けてキレイをキープなのもお手本になります。

 

体の中からのエイジングケアには、すっぽん小町ですね。

 

アミノ酸が豊富なすっぽんコラーゲンがたっぷりなので飲むと顔がぷるんとした感じになりますよ。

詳しくは→アミノ酸たっぷり『すっぽん小町』
 

 

 

サツマイモと片栗粉でハンゲツ(芋餅)を作りました!

無添加ダイエットレシピ - パンやお菓子など

サツマイモと片栗粉でハンゲツ(芋餅)を作りました!

 

サツマイモと片栗粉で作ったものは、世間では芋餅(クックパッドなどで調べたら)というみたいですね。

しかし父がいつも作ってくれていたんですが
故郷では「ハンゲツ」という呼び名だったようです。

 

「お父ちゃんのハンゲツの味を覚えておけよ」

と時々、作ってくれていたのがハンゲツです。

 

つまりサツマイモと片栗粉で作っておやつでした。

 

懐かしくて、思い出しながら作ったら
水分が多かったようで父が作ってくれたものより

ゆるく仕上がりましたが味は同じで・・

思わず、涙が出そうになりました。

 

天国の父に心の中で語りかけながら作ってみましたよ。

 

簡単シンプルです。

 

サツマイモと片栗粉のハンゲツ(芋餅)レシピ

材料2人分

サツマイモ50g

片栗粉:大さじ1杯

水(豆乳か牛乳でも):50cc

 

作り方

1:サツマイモを蒸すか茹でて柔らかくしておく

2:1のサツマイモに片栗粉と今回は豆乳を加えます。

3:2をハンドブレンダーでピューレにしました。

(父は、いつも、すり鉢で丁寧に混ぜ合わせていました)

 

4:3を蒸し器に入れて蒸します。

父は丸めて蒸していました。

私は、水分が多かったのでそのまま蒸しました。

 

5:出来たら、きな粉にのせて、出来上がりです。

ほんのり甘くて優しい味がします。

 

もっと甘い方が良い人はメープルシロップをかけても良いと思います。

 

水分が少ないか片栗粉を増やせば、餅みたいに丸めてから

蒸しても良いです。

父は、いつも大きめの丸い形を半分にしたような形にしていました。

だから半月なのかも?と今思いましたよ。

 

なお蒸すのではなくフライパンで焼いても美味しいとは思います。

 

ヘルシーでカロリーも低めなのでダイエットにもぴったりです。

ぜひ、作ってみてくださいね。

 

 

かぼちゃ(パンプキン)と黒ごまの無添加プチケーキのレシピ

無添加ダイエットレシピ - パンやお菓子など

かぼちゃ(パンプキン)と黒ごまの無添加プチケーキを作ったらとっても美味しかったです。

 

だからレシピを残します。

 

見た感じは、パンプキンビスケットみたいなのですがふわっと柔らかいのでプチケーキとしました。

続きを読む

ホームPage 1 / 512345