フランキンセンス精油の効能効果と使い方!咳・喉・乾燥肌!免疫系にも

健康

フランキンセンス精油の効能効果と使い方を確認していました。

咳・喉・乾燥肌対策や瞑想にも良いのです。

 

最近気に入ってほぼ毎日使っています。

 

フランキンセンス精油は、そのほかにも効能効果がありそうなので調べてみました。
免疫系にも効果と判明ですよ。
エッセンシャルオイル(精油)は、1滴でも効果があるので楽しいです。

 

今回の話であなたが得られることは

エッセンシャルオイル(精油)の王様とも言われるフランキンセンスの効能効果や

実際の効果がある使い方を体験から色々学べる点です。

 

続きはYouTube動画でどうぞ
フランキンセンスの効能効果と使い方!咳・喉・乾燥肌・瞑想・免疫アップにも【薬剤師視点】

 

文章で確認したい人は以下でどうぞ

フランキンセンスの効能効果と何からとれる?

エッセンシャルオイルのフランキンセンスの効能効果では
咳・喉・乾燥肌対策や瞑想にも良いと知って使っている私です。

 

ところでアロマオイルとエッセンシャルオイル(精油)は同じものと思っていましたが違いますね。

 

アロマオイルは、エッセンシャルオイル(精油)などを元にして他の添加物も加えて人工的に作ったものでフレグランスオイル、ポプリオイルとも呼ばれます。

 

エッセンシャルオイル(精油)は、100%天然素材のオイルなので安心して色々使えます。

 

私が使って効果を満足しているのは、エッセンシャルオイル(精油)のフランキンセンスです。

 

フランキンセンス精油は、どんな作用で効果があるんでしょうか?

他にも効果があるのかも確認しました。

 

それを話す前に、フランキンセンス精油とは何のエキスなのか?を詳しく書きたいと思います。

 

フランキンセンスは乳香(にゅうこう)とも呼ばれています。
ムクロジ目カンラン科ボスウェリア属の樹木から分泌される樹脂なのです。

ボスウェリア属の樹木は、オマーン、イエメンなどのアラビア半島南部、ソマリア、エチオピア、ケニア、エジプトなどの東アフリカ[1]、インド[6]に自生している。 これらの樹皮に傷をつけると樹脂が分泌され、空気に触れて固化する。1-2週間かけて乳白色~橙色の涙滴状の塊となったものを採集する
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%B3%E9%A6%99

紀元前40世紀にはエジプトの墳墓から埋葬品として発掘された記録もあるそうです。

 

大昔から神に捧げるための香として用いられていたようですね。

 

スパイシーで少し柑橘ぽくって良い香りなので神に捧げるイメージに合うと思います。
だから瞑想時にも良いのでしょうね。

 

香りが良いので食べ物や香水の香料にも使われるそうです。

フランキンセンスの芳香成分は、α-ピネン、リモネン、パラシメンなどで抗ストレス、鎮静、抗菌などの効果があると言われています。

 

フランキンセンスの香りの揮発性は、ミドルノートからベースノートです。

 

ちなみに、揮発性で香りの持続時間がわかります。

トップノートは一番初めの香りで20分くらい持続します
ミドルノートは、次に香ってくるもので30分後から4時間くらい持続
ベースノートは、揮発速度が最も遅く、6時間以上経っても香りが持続です。

つまりフランキンセンス30分後くらいから6時間以上長く香るというわけですね。
確かに長時間良い香りです。

 

フランキンセンスが咳・喉も乾燥肌対策や瞑想にも良い理由

では最初は、フランキンセンス精油が咳・喉も乾燥肌対策や瞑想にも良い理由からです。

 

私が咳が出やすく、喉もすぐにイガイガするんですが、フランキンセンスの香りを嗅ぐと、あら不思議。
喉がすっきりして咳が出にくくなりましたよ。

 

フランキンセンスの香り、偉大です。

 

フランキンセンスには、抗菌、収れん、緩和、鎮咳作用があるので、咳や喉のイガイガに効くというわけです。

 

瞑想に良いのも、フランキンセンスには鎮静作用もあるからですね。

 

心を落ち着かせるので瞑想に最適な香りと言えます。

 

乾燥肌に良い理由は、フランキンセンス精油は皮膚や粘膜をケアする効果が高いからです。

 

乾燥した地域に生息する樹木の樹液なので、乾燥を防ぐ働きがあるんです。

肌の再生を促し活性化するのでシワ対策にも良いのがフランキンセンス精油です。

 

フランキンセンス精油のそのほかの効果!免疫系にも

フランキンセンス精油が咳・喉・乾燥肌対策や瞑想に良い理由がわかったところで、

その他の効能効果も確認してみました。

 

呼吸器系だけでなく免疫系にも効果があると言われていますよ。

免疫力をアップして 感染にも良い成分が含まれるようですね。

自己免疫力を高めると言われています。

 

だから自己免疫疾患にも良いと言えます。

 

他では血行促進や子宮強壮も期待できると言われています。
だから温活に役立つので冷えや月経の悩みにも良いと言えます。

 

もちろんフランキンセンス精油は薬ではないので、サポート的に使うことになります。

 

自然治癒力を高めてくれると考えると良いですね。

 

フランキンセンス精油の効果的な使い方

 

フランキンセンス精油は、多くの効果があるとわかったところで、効果的な使い方をしたいですよね。

 

ここでは実際に私が、どんな風に日常にフランキンセンスを使っているのかを書きます。

 

化粧水、お風呂に入れる、容器に垂らして部屋でアロマ、お布団にも垂らしたりと、4種類の使い方をして満足しています。

 

では、それぞれの実際の私の使い方を詳しく書きますね。

 

愛用中のフランキンセンス入りローズマリー手作り化粧水のレシピ!

 

まず、フランキンセンス精油で手作り化粧水を作ってみました。

 

元々、普通の化粧水ではかぶれるので、もう1年以上手作りしています。

もちろん時々、ネットでお肌に優しい化粧水を使うこともありますが、結局手作りの化粧水が、お肌に合うので使い続けています。

 

今回、いつもの化粧水にフランキンセンスを1滴追加してみたら、良い感じです。

 

簡単なので作り方を書きますね。

 

フランキンセンス入りローズマリー化粧水のレシピ

材料

精製水(私は沸騰させた浄水で作る事も)30ml

ローズマリー好みの量(私は生の小さな葉っぱを5枚くらい)

植物性グリセリン18滴

フランキンセンス1滴

 

作り方

1:水30mlにローズマリーを入れます。

2:1に植物性グリセリン18滴入れます。

3:最後にフランキンセンス1滴入れて出来上がり

 

応用編でレモンタイムを少し加える事もあります。

フランキンセンス がなくてもOKです。

フランキンセンスが加わる事で潤いアップするようです。

 

できたら保存料など入れていないので

冷蔵庫保存で1週間以内に使い切りましょう。

 

なおローズマリーは、抗炎症、抗菌力も強く抗酸化力に優れているので化粧水向きです。

 

冬は、この化粧水の後にネットで購入した美容液や美容オイルを使う事が多いです。

 

フランキンセンスをお風呂に入れてみた

 

今は、ほぼ毎日、フランキンセンス をお風呂に入れています。

 

これは、単純にお風呂のお湯に1滴から2滴垂らすだけ。

3滴だと香りが強すぎたので2滴未満がお勧めです。

 

温まってよく眠れると思います。

 

お風呂の中がアロマになって心地よいです。

試してみてください。

 

フランキンセンスを容器に垂らして部屋のアロマ

 

そしてこれは、部屋のアロマに良いです。

 

写真のような小さな容器にフランキンセンス を1滴垂らすだけ

 

しばらくすると香りが広がって良い感じです。

 

瞑想するときに使うと心が落ち着いてリラックスできます。

 

とっても簡単なので試してみてください。

 

フランキンセンスをお布団に垂らしてみた

 

次は、夫が試していた事です。

 

フランキンセンス をお布団に1滴垂らしていました。

 

直接垂らしていたのでシミにならないか心配しましたが、何も残らず大丈夫でした。

 

気になる人は、ハンカチやティッシュなどに1滴垂らして、枕元に置くと効果があると思います。

 

良い香りに包まれてぐっすり眠れますよ。

 

フランキンセンスの効能効果と使い方まとめ

 

フランキンセンスの効能効果と使い方をまとめます。

 

フランキンセンスの効能効果は、色々ありましたね。

咳・喉・乾燥肌対策だけでなく、瞑想にも良い鎮静リラックス効果もありました。

更に免疫力アップや巡りを良くするので冷え対策にも効果がありました。

 

化粧水、お風呂に入れる、容器に垂らして部屋でアロマ、お布団にも垂らしたりと、4種類の使い方を具体的に紹介しました。

 

簡単なので試してみてください。

 

フランキンセンス精油は、色々ありますね。

天然素材100%で信頼がおけるものを選ぶといいです。

 

私はアマゾンで買いましたよ。

お手頃価格で効果も満足できます。
確認→私がアマゾンで買ったフランキンセンスはコレ

 

 

タイトルとURLをコピーしました