40代50代以降痩せにくくなる理由と太ったままだとどんな悪影響?

本ページはプロモーションが含まれています
ストレッチで運動 ダイエット・スタイルアップ関連

40代50代以降痩せにくくなる理由と太ったままだとどんな悪影響?

40歳過ぎると太りやすくなります。
50才過ぎるとますます太りやすくなります。

ずっとダイエットしていて食事も注意して運動もしているのに、じわっと太るんです。

これは加齢により基礎代謝が落ちるからだと理解していました。
そこで食事量を減らしたりしましたが、それだけでは解決しないと気づき詳しく調べてみました。

以下で40代50代以降痩せにくくなる理由と太ったままだとどんな悪影響なのか?を詳しく書きます。
じっくりご覧ください。

40代50代以降痩せにくくなる理由

では40代50代以降痩せにくくなる理由から書きます。

まず一番の理由は、基礎代謝の低下です。
同じ食事量でもエネルギー消費量が減ります。
つまり同じように食べ続けると(同じカロリーを摂り続けると)太ります。

2番目の理由は、加齢による筋肉量の低下の影響です。
筋肉量が減ると代謝が低下します。
筋肉は、体脂肪を燃焼させるための重要な役割を果たしています。
だから加齢で筋肉量が減ると痩せにくくなるんです。

確かに50代過ぎてから特に足の筋肉が落ちたと気づいた私です。
慌てて筋トレしています。
筋トレについては以下の記事も参考にどうぞ
女性のダイエット!筋トレと効果upの食事で健康的に痩せるコツと注意点

3つ目の理由は、加齢によるホルモンバランスの変化です。
女性の場合が、女性ホルモンのエストロゲンが減ります。
男性は、男性ホルモンのテストステロンが減りやすくなります。
このホルモンバランスの変化で、体脂肪が蓄積しやすくなって痩せにくくなるんです。

これも私は更年期で体感しました。
女性ホルモンのエストロゲンの減少は更年期障害だけでなく、痩せにくさにも悪影響ですね。

4つ目の理由は、生活習慣の変化です。
社会や家庭で忙しい立場になることが多く、ストレスも溜まりやすくなります。
不規則な食事バラアンスが悪い食事内容や運動不足、ストレスの影響などから痩せにくい原因となります。

ストレスを溜めない工夫や出来るだけ規則正しい食事、運動を心がけたいですね。

そのまま太ったままだとどんな悪影響?

忙しいからと太ったままにしていると、どんな悪影響でしょうか?

周りを見渡すとポッコリお腹の40代50代以降の人は多く見かけます。

太り過ぎがもたらす悪影響の例を書きます。

1生活習慣病のリスクが高まる

太り過ぎは、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクを高めます。
心臓病や脳卒中などの重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

実際、私の母は、糖尿病から狭心症で手術もしました。
糖尿病性網膜症にもなり、目も不自由になって後悔ばかりしていました。

父も高血圧でしたが、高齢になって食べ過ぎて糖尿病になり、脳梗塞になって認知症になりました。

そんな両親を見ていたので私は、ダイエットに励み高血糖にならないように食事も注意しています。

食べ過ぎて血糖値が高いままの時は、サプリを飲んだりすることもあります。
血糖値サプリ!アラプラス糖ダウン(とうだうん)の効果と体験からの口コミ!

2:関節や腰痛のリスクが高まる
太り過ぎると、関節や腰に負担をかけます。
つまり関節炎や腰痛のリスクが高くなります。

整形外科の薬局に勤めていた時に、太り過ぎて膝や腰を痛めている人が多かったのを覚えています。
重くなった体重は、その分の荷物をいつも背負っているようなものです。

腰痛や関節の為にも、健康的に痩せる努力が必要です。

3:睡眠障害のリスクが高まる
太り過ぎると、睡眠時無呼吸症候群(SAS)などの睡眠障害のリスクを高まります。
太っている人は、いびきをかくことが多いですね。

いびきをかいたりして睡眠時無呼吸症候群(SAS)になると、睡眠の質が低下します。
日中の眠気や集中力の低下などを引き起こすので痩せる努力をしましょう。

4:自己否定や鬱など心への悪影響
太り過ぎると、自己否定しがちになり自信を無くしがちです。
すると不安になったり鬱症状などの心への悪影響を及ぼす可能性があります。

太ってきたと思ったらダイエットをしてちょうど良い体重をキープして健康を目指しましょう。

40代、50代以降が痩せるためにした方が良いことは何?

そこで40代、50代以降が痩せるためにした方が良いことについて書き出します。

1自分にとってちょうど良い運動を取り入れること
筋肉量を増やし代謝を上げることで痩せやすくなります。
だからウォーキング、ジョギング、ヨガ、踏み台昇降、筋力トレーニング(筋トレ)など好きな運動を習慣にすることです。

因みに私は、筋トレのプランクが気に入っていて毎日しています。
プランク

あとはウォーキングを意識した散歩や自己流のストレッチなども時々しています。

プロテインを飲んでもう少し筋トレした方が良いかな?と自分の筋肉を見て考えているところです。
女性のためのプロテイン選びの注意点!メリットとデメリット対策でダイエット

2食事のバランスを見直すこと
野菜や果物、魚、豆類などの栄養素が豊富な食品をバランスよく摂ることです。
食べ過ぎないで人工添加物や精製された砂糖などが多い加工食品を減らすことも大事です。

これは私も毎日意識しています。
1日2食にして食べ過ぎないようにして添加物が少ない安心な食材を使い自分で料理しています。
しかし忙しい時や疲れた時は、作りたくないこともあります。

そんな時は、添加物も少なくカロリーや糖質管理もされていて栄養バランスが良い低糖質の宅配食を活用しています。
色々ありますが美味しいと人気のナッシュが総合的に魅力を感じます。
宅配食サービス「ナッシュ」のメリットとデメリット!向く人と人気の理由

3ストレスを減らす工夫
ストレスを溜めると暴飲暴食になったり生活習慣の乱れの原因になり太りやすくなります。

だから意識的にリラックスする時間を作ると良いです。
私に場合だと、花やハーブを育てて活用したりファンタジーを読んだりです。
自分が好きなことに使う時間を毎日、少しでも良いので作るとセロトニンが増えてストレスが減ってきます。

以下の記事も参考にどうぞ
ストレスを減らす食べ物や飲み物!ストレス対策と逆効果にならないコツ

4睡眠を改善すること
睡眠不足は、代謝を低下させて太りやすくなる原因となります。
だから忙しいからと睡眠を減らさずにしっかり寝ましょう。

以下の記事も参考にどうぞ
不安で眠れない時の10の対策!睡眠が十分だと免疫力アップだから

5生活習慣病で過度の肥満は医師に相談
色々工夫しても痩せなくて生活習慣病で肥満がある場合は、医師に相談しましょう。
痩せ薬も承認されるようです。

以下にニュース記事から引用します。

承認される見通しのセマグルチド(ウゴービ)は、糖尿病の治療薬として使われている薬(オゼンピック)と同じ成分で、容量が2倍まで増やせる。セマグルチドには飲み薬もあるが、承認されるのは皮下注射薬で、週に1回投与するタイプだ。

治療の対象となるのは、肥満症のなかでも、高血圧や脂質異常症、または2型糖尿病のいずれかがあって、かつ食事療法や運動療法を行っても十分な減量効果がみられない人。
「BMIが27以上で、2つ以上の肥満に関連する健康障害がある」か、「BMIが35以上」の人に限定される、とする。
引用元:https://toyokeizai.net/articles/-/652835

上記にもあるように、過度の肥満で高血圧や脂質異常症、または2型糖尿病などの病気持ちの場合で、食事療法でも運動療法でも痩せない人は、医師に相談しましょう。

普通にポッコリお腹で最近体が重くなったくらいでしたら、4つの対策をまず実践してみてください。

●特に食事と運動は大事です。
隙間時間で良いので体を動かすことです。
お菓子やお酒など糖質の摂り過ぎだと実感している人は、低糖質の宅配弁当を活用するのも効果的です。
自分で糖質量やカロリー計算するのが面倒な人も利用すると便利です。
低糖質の宅配弁当の違い比較と選び方!ヘルシーで安くて美味しいのはどれ?

元気で長生きするコツ!無料講座案内
薬剤師の知識と経験もフル活用で実践し効果を実感中の情報を無料で提供中
お金がどんなにあっても健康じゃないと楽しくないんです。
遅すぎるということはないので今から健康になって笑顔で楽しく長生きしましょう
アンチエイジングで美肌になり最期まで元気に暮らしたい人は、ぜひ、どうぞ
詳しくは↓
美肌で健康寿命を延ばす10のコツ
ダイエット・スタイルアップ関連
シェアする
薬剤師サト愛のヘルシーレシピ!美肌健康ダイエット!