菊芋イヌリンサプリの効果!人気低糖サプリの違い比較と選び方のコツ

ダイエットサプリ

菊芋イヌリンサプリの効果と人気低糖サプリの違い比較と選び方のコツをリサーチしました。

 

菊芋を食べて美味しかったのですが、菊芋ってジャガイモみたいに安定供給の一般野菜ではないですよね。

 

それに食後の血糖値を下げるサポートをするくらい食べているのか、不明な部分もあります。

 

私は糖尿病家系で糖尿病予備軍で油断するとすぐ太りだすので、糖質ダイエットにも糖尿病予防にも役立つ菊芋イヌリンサプリの効果を調べましたよ。

 

そして巷で人気の低糖サプリで菊芋イヌリンサプリ「金の菊芋、ルックルックイヌリンプラス、イヌリンとHMBと3種の違いや特徴、メリットデメリットから選び方も独自視点で選んでみました。

先に菊芋サプリ比較ランキングを確認したい人は、こちらをクリック!

 

菊芋イヌリンサプリの効果!

 

では菊芋イヌリンサプリの効果を書きます。

 

何と言っても、菊芋イヌリンサプリの1番の効果は、糖の吸収を抑えて食後の血糖値上昇を抑える手伝いをしてくれる事。

 

この事で糖尿病予備軍の人や糖質ダイエット中の人は、すごく助かります。

 

さらにイヌリンは、水溶性の食物繊維です。

 

つまり腸内でオリゴ糖に変化して善玉菌の餌になって、腸内環境を整えるサポートをします。

 

だから、便通もスッキリと満足な朝になりやすいのも効果ですね。

 

優れた作用の菊芋イヌリンですね。

 

ところでイヌリンって菊芋以外には含まれないの?

 

なぜ菊芋イヌリンサプリが人気なの?

と疑問に思いました。

 

そこで菊芋以外に、どんな植物にイヌリンが含まれるのか調べてみたら

 

イヌリンwikipediaによると

次の植物は高濃度のイヌリンを含む。

トピナンブール
キクイモ
ダリア
ゴボウ
アザミ
タンポポ
ヤムイモ
アーティチョーク(朝鮮薊)
チコリー
葛芋
タマネギ
ニンニク
リュウゼツラン(竜舌蘭)
ニラ  引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8C%E3%83%AA%E3%83%B3

 

色々な植物にイヌリンは、含まれますね。

 

トップの「トピナンブール」以外は、聞いたことがあるものが多いですね。

 

トピナンブールを調べてみたら、なんと菊芋のイタリア語みたいですね。

 

つまりトピナンブール=菊芋です。

 

ちなみに、菊芋(キクイモ)のイヌリン含有量は、ごぼうの約3倍でダントツに多いそうです。
参考元:金の菊芋公式サイト

 

だから菊芋イヌリンサプリが効果の期待も大きいので一番人気なのですね。

 

なお、菊芋イヌリンサプリは、飲み方に注意です。
食事の30分前から食事直前までに摂ると効果的です。
糖の吸収を効率よく抑えてくれるからです。

 

菊芋イヌリンサプリの違いと選び方

 

菊芋イヌリンサプリの違いと選び方について独自視点で書きます。

 

菊芋イヌリンを含むサプリは色々あります。

 

色々ありますが、良いなと思うものを3つピックアップしました。

 

「ルックルックイヌリンプラス」「金の菊芋」すこやか自慢の「イヌリンとHMB」の3つの菊芋イヌリンサプリです。

 

それぞれの特徴とメリットやデメリット、向いている人を書き出します。

 

ルックルックイヌリンプラスの特徴とメリットとデメリット

 

まずルックルックイヌリンプラスから特徴やメリットとデメリットを書きます。

 

ルックルックイヌリンプラスのメリットは、菊芋イヌリン以外にもサラシアや桑の葉、納豆、玉ねぎ、ヨーグルトなど含む事です。

 

つまり菊芋のイヌリンだけに頼っていない点が高評価の理由です。

 

サラシアや桑の葉も糖対策で人気の成分ですね。

 

特に玉ねぎや納豆、ヨーグルトも含むので腸内環境にとってすごく良いのもメリットです。

 

玉ねぎにもイヌリンが含まれますしね。

 

菊芋イヌリンの量も1日6粒分で1350mgとトップクラスの含有量でイヌリンパワーも期待できます。

 

長野県産の無農薬の菊芋使用なので安心ですね。

 

さらにルックルックイヌリンプラス1袋で食物繊維合計46000mg配合です。
これはレタス153玉分になるので凄いですね。

ルックルックイヌリンプラスのデメリットは、他の2つに比べると価格が少しですが高めな事と返金保証がない点です。

 

少しだけ試したい人は、他のを選ぶ方が良いと思います。

 

無農薬菊芋で含有量も多く他の糖質ダイエットにも良い成分が豊富なので
ルックルックイヌリンプラスはすごく良いなと感じます。

菊芋だけでなくサラシアや桑の葉、納豆、玉ねぎ、ヨーグルトも含む方が効果が期待できると思う人に向いています。
詳しくは→お得なルックルックイヌリンプラス公式サイト

金の菊芋の特徴とメリットとデメリット

金の菊芋の特徴は、3種類の中で唯一機能性表示食品なんです。

 

つまり効能を明記できるくらい機能性関与成分のイヌリンを含むという事です。

 

実際1日あたり摂取目安量の7粒に品質が良いイヌリン含有量750mg含まれています。

 

金の菊芋の大きなメリットは、品質です。

 

原材料の菊芋は九州産でオーガニックで無農薬栽培なんです。

安心感が大きいですよね。

 

さらに金の菊芋に含まれる菊芋の割合は99%と超高純度の菊芋サプリなのも大きなメリットです。

 

ただ見方を変えるとこれが金の菊芋のデメリットにもなります。

 

なぜなら菊芋以外の成分も入れて欲しいと思う人には、他の成分がないからです。

 

だから質が高い菊芋イヌリンのパワーを存分に実感したい人には、金の菊芋が最適です。
他の成分が混じっていない方がシンプルで好きな人にも金の菊芋が向いています。
詳しくは→お得な金の菊芋公式サイト

 

すこやか自慢のイヌリンとHMBの特徴とメリットとデメリット

 

最後にすこやか自慢のイヌリンとHMBの特徴とメリットとデメリットと向いている人についてです。

 

すこやか自慢のイヌリンとHMBのメリットは、必須アミノ酸のHMBも含む事です。

HMBを含むので筋トレなど運動もすれば、綺麗な筋肉がついてダイエットにも最適と言えます。

 

ただ1日6粒あたり35㎎程度と少なめなのでhmbをメインで飲みたい人は、hmbサプリを選ぶ方が良さそうです。

 

しかしサラシア、桑の葉、ビワ茶、アイスプラントも含むのも糖質ダイエットをする人には、嬉しい成分内容です。

 

特にアイスプラントは、ピニトールという植物性インスリン物質とも言われるのでサポートにぴったりなんです。

 

1日6粒あたり1506㎎もイヌリンを含むのもメリットです。

 

デメリットは、イヌリンの原料で菊芋と明記されていないのが気になります。
他の2種類のように、無農薬で産地も明記だと安心できますよね。

菊芋の画像は使われているので、多分原料は菊芋だと思いますが、農薬使用の有無や産地掲載も欲しいかなと思うので、その点がデメリットと感じました。

ただイヌリンの分量は3つの中で一番多いです。
hmbやピニトールを含むサプリを飲みたい人にイヌリンとHMBは、向いています。
詳しくは→お得なイヌリンとHMB公式サイト

 

人気低糖サプリの違い比較ランキングと選び方のコツまとめ

 

人気の低糖キクイモサプリの違い比較ランキングと選び方のコツまとめです。

 

それぞれの特徴とメリットとデメリットを、みてきました。

 

3つとももメリットが大きく、ランキングにしがたいくらい優秀なキクイモイヌリンサプリです。

 

しかしあえて独断と偏見で個人的に思うランキングと選び方を簡単にまとめます。

 

1位は、金の菊芋
3つの中で唯一機能性表示食品として効能を明記されています。

ルックルックイヌリンプラスとどちらを1位にするかで悩んだのですが、菊芋メインで考えて品質で1位にしました。
医師の監修ありなのも大きいポイントです。
無農薬で九州産なので菊芋イヌリンの品質は一番です。
上質な菊芋イヌリンのパワーで糖質ダイエットや糖尿病予備軍対策したい人にぴったりです。
全額返金保証付きなのも安心して試せるので人気です。
詳しくは→お得な金の菊芋公式サイト

 

2位は、
ルックルックイヌリンプラス
次に私が飲んでみたいな、良いなと思うイヌリンサプリは、ルックルックイヌリンプラスです。
イヌリン以外にもサラシアや桑の葉、納豆、玉ねぎなど、含むから糖質ダイエットや糖尿病予備軍にも最適で良いなと思うからです。
無農薬で産地も明確な菊芋イヌリンの含有量も明確なのも高評価の理由です。
詳しくは→お得なルックルックイヌリンプラス公式サイト

 

3位は、イヌリンとHMB
イヌリンの含有量が最大なのがメリットです。
ピニトールを含むので糖尿病予備軍対策に向いていますね。
運動して痩せたい人にもhmbでサポート可能です。
価格が一番安いのは、イヌリンとHMBです。
だから出来るだけコスパが良い方がいい人にもイヌリンとHMBは向いています。
イヌリンとHMBも全額返金保証付きなのも安心して試せるので人気です。
詳しくは→お得なイヌリンとHMB公式サイト

 

関連記事
記事はありませんでした