タグ:納豆

記事一覧
ホームPage 1 / 11

大豆発酵食品の納豆とテンペってどちらが健康によくて美味しい?

食材 - 発酵食品

大豆発酵食品の納豆とテンペってどちらが健康によくて美味しい?

 

日本人にとって、とても馴染み深い発酵食品。

 

発酵食品の中でも、大豆を使ったものは、必ず毎日の食事に並んでいると言っても過言ではありません。

 

発酵食品には様々なものが存在しますが、特に注目したいのが大豆発酵食品である「納豆」です。

 

納豆には、独特の粘りや匂いがあることから、若者達の間では賛否両論ともなっています。

 

しかし、美容にも、健康にも、納豆はとても優れた大豆発酵食品です。

 

さらに、納豆以外にも大きな注目を集めている大豆発酵食品がありました。

 

それが、「テンペ」になります。

テンペは、優れた栄養素を持つスーパーフードとして近年人気を集めている食材です。

 

発酵食品が苦手な若い女性たちからも注目を集めているといいます。

 

そこで今日は、大豆発酵食品の代表ともいえる納豆と、テンペについて比較していきたいと思います。

 

納豆の効果とは

納豆は非常に優れた植物性タンパク質として知られています。

 

ご存知の方も多いと思いますが、私たちにとってタンパク質は生きていく上で欠かすことのできない栄養素です。

 

皮膚、筋肉、髪の毛などに必要不可欠となっており、美容の専門家からアスリートまで、幅広い人たちから好んで食べられている食材です。

 

さらに、納豆には独自の栄養成分であるナットウキナーゼが含まれています。

 

ナットウキナーゼはサプリメントにもなっているほど非常に優秀な成分で、血液をサラサラにする効果に優れているのが特徴的です。

 

日本の食生活は以前と比較し、欧米化されてきていることからも、生活習慣病が危惧されるようになりました。

 

そんな生活習慣病の中でも特に気をつけたいのが動脈硬化や心筋梗塞です。

 

偏った食生活を繰り返しているうちに、血液がドロドロになってしまい、血管が詰まることにより、このような恐ろしい病気を引き起こすきっかけとなります。

 

心筋梗塞や脳梗塞は、命にも関わってくる重大な病気となっているため、日ごろから予防していくためにも、血液をサラサラにしてくれるナットウキナーゼは、積極的に取り入れたい成分です。

 

また、大豆で作られている納豆には、大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをします。

 

だから積極的に取り入れることにより更年期障害の予防や、女性ホルモンバランスを整えることに有効だと言われています。

 

他にも、中性脂肪を低下させる効果なども期待されているため、ダイエットに取り入れている方も少なくありません。

 

免疫力もアップしますしね。
シールド乳酸菌入り納豆と普通の納豆の違い!免疫力upに良いのは?

 

テンペの効果

テンペは、納豆と同じように大豆から生まれた発酵食品となっています。

 

日本ではあまり聞き慣れない方も多いと思いますが、近年テレビや雑誌など、様々なメディアも注目しているスーパーフードとなります。

 

もともとテンペは、インドネシア発祥の伝統的な大豆発酵食品となっており、古来から受け継がれてきた栄養価に優れた食品です。

 

日本国内では、インドネシアの納豆として紹介されていることもありますが、納豆と大きく違うのは、納豆菌ではなくテンペ菌が使用されていることです。

 

大きな特徴は、香りや味に癖がないところになります。

 

発酵食品には独特の香りや味がするため、苦手だと言う方も多いでしょう。

 

しかし、テンペは一切クセのない発酵食品となっているため、どんな方でも難なくすんなりと受け入れることができる非常にシンプルな発酵食品です。

 

特に日本人向けに製造されているものの多くは、非常に食べやすくなっているため、発酵食品が苦手な方であっても食べることができると言われています。

 

続いて、テンペの効果ですが、納豆と同じように生活習慣病の予防に優れています。

 

テンペには、サポニンなどが豊富に含まれており、血管に付着した悪玉コレステロールを溶かしてくれると言われています。

 

そのため、3大死因とも言われている心筋梗塞や脳梗塞の予防にも役立つ食品です。

 

さらに血圧をコントロールする効果や、高コレステロールの改善にも役立ちます。

 

もちろん健康だけでなく、美容やダイエットにも最適です。

 

テンペには、腸内環境を整えてくれる整腸作用が期待できるため、肌状態を良好にしたり、ダイエット効果も期待できます。

 

健康、美容、ダイエット、エイジングケア、全てにおいて、テンペは非常にオススメです。

 

納豆とテンペの比較

同じ大豆発酵食品でありながら、納豆とテンペの大きな違いは、匂いや粘りにあります。

 

納豆には独特の匂いや粘りが存在するため、好き嫌いがハッキリとしやすい食材です。

 

テンペは、どちらかと言うと万人受けする大豆発酵食品となっているため、納豆が苦手な方でも食べやすい特徴があります。

 

栄養素的には、どちらも非常に優れているため、個人的には甲乙つけがたい印象があります。

 

両方食べてみましたが、どちらも美味しいと私は思います。

 

ただ普段から食べたくなるのは日本人だからか私は納豆派ですよ。

 

興味がある方を食べて健康維持してください。

シールド乳酸菌入り納豆と普通の納豆の違い!免疫力upに良いのは?

健康

シールド乳酸菌(R)入り納豆と普通の納豆の違いで腸管免疫で免疫力アップに良いのは、どちらかなと調べてみました。

 

先日スーパーにいつもの「有機そだち極小粒納豆」を買いに行ったら売り切れていました。

困ったなと納豆の棚を眺めると、シールド乳酸菌(R)入り納豆の「Wのチカラ」ひきわりが目につきました。

 

夫がシールド乳酸菌が、凄そうだというので買ってみて食べ比べたり、効能効果を比べてみました。

 

今は、新型コロナの影響で、免疫力アップになるからか納豆は、1人1個までと規制があるんです。

 

どうせ食べるなら、効果が高い方が良いと夫が言うので、シールド乳酸菌入り納豆の「Wのチカラ」ひきわりを買いましたよ。

 

今回の話であなたが得られるメリットは
シールド乳酸菌(R)や納豆の効能効果や
シールド乳酸菌入り納豆と普通の納豆の違いや
腸活免疫に良いのはどちらか?などの健康に必要な知識が増える点です。

シールド乳酸菌入り納豆と普通の納豆の違い!腸管免疫に良いのは?

腸活免疫に良いのは、シールド乳酸菌(R)入り納豆と普通の納豆のどちらかなと調べてみました。

 

結論を先に書くと、腸管免疫に効果がより期待できるのは、シールド乳酸菌入り納豆の方です。

 

理由は、シールド乳酸菌(R)が加わる事で免疫力が更に強化されるからなんですね。

 

もちろん普通の納豆も腸内環境を整えますので、腸管免疫で免疫力アップに繋がります。

 

ただ比べたときに、シールド乳酸菌(R)が加わる事で、更に免疫力アップに繋がると言うわけです。

 

しかし普通の納豆も腸管免疫だけでなく、免疫機能をアップする成分が含まれるのでかなり優秀です。

 

それぞれ、詳しくみていきましょう。

 

シールド乳酸菌入り納豆の特徴と効果的な食べ方

では、シールド乳酸菌入り納豆の特徴と効果的な食べ方について詳しく見てみましょう。

 

そしてパッケージの説明をよくみていたら

納豆にシールド乳酸菌(R)が含まれているのではなく、付属のタレに含まれるそうです。

 

1パックの分タレ5gに100億個配合と記載。

効果がある目安量が含まれていますね。

 

ちなみに夫は、タレが嫌いなので、いつもかけていません^^;

次回からかけた方が良いと伝えましょう。

 

ところでシールド乳酸菌(R)は、森永乳業株式会社の登録商標です。

森永乳業株式会社が保有する数千株の中から免疫力に注目して選ばれた乳酸菌がシールド乳酸菌(R)との事。

 

シールド乳酸菌(R)は加熱や殺菌しても効果が期待できるそうですよ。

 

だからタレにも加えやすいのでしょうね。

 

シールド乳酸菌入り納豆の効果的な食べ方は、タレをかけて一緒に食べる事ですね。

 

私もタレは捨てることも多い(無添加でない場合)です。

 

しかし今回のシールド乳酸菌入り納豆は、タレは無添加ではないのですが、タレにシールド乳酸菌が入っているので、ちゃんとかけて食べましたよ。

 

味は、ひきわり納豆の味です。

さっぱりかな。

 

タレは甘いので少し苦手かも。

 

いつもの有機そだちの極小粒納豆の方がタレも有機で無添加のタレとからしつきなので好みです。

 

シールド乳酸菌入り納豆の効能効果は、普通の納豆の効能効果+更なる免疫力アップと言う感じです。

 

 

普通の納豆の効能効果と効果的な食べ方

 

では、普通の納豆の効能効果をみましょう。

 

納豆の効果は色々有名ですね。

 

整腸作用や解毒作用、抗菌作用、免疫力アップなどがあります。

 

整腸作用は、納豆菌が腸内細菌の善玉菌になり他の善玉菌の増殖にも役立つからなのですね。

引用します。

納豆に含まれる納豆菌には、腸内の悪玉菌を減らす働きがあり、腐敗菌の増加を抑制してくれます。また、納豆菌が腸内で善玉菌として働き、他の善玉菌の増殖を促す働きもあります。

引用元:https://www.d-yutaka.co.jp/blog/health_and_beauty/1710intestinal/

 

今の時代は特に免疫力をアップしたいので、免疫力アップになる仕組みを調べてみました。

 

納豆菌は、免疫応答機能を高めてTh1細胞(免疫細胞)を増強する作用があるみたいですね。

以下に抜粋します。

納豆菌が腸の上皮細胞(腸管バリア細胞)を活性化することが観察されました。納豆菌は腸内にいつもいる常在菌ではないため、上皮細胞に送るシグナルが強く、腸上皮細胞活性化の度合いが強いと思われます。また、樹状細胞(免疫細胞)が細胞内に納豆菌をとりこんで(貪食作用)免疫応答機能を高めていること、その結果Th1細胞(免疫細胞)を増強するというデータも得られつつあります。免疫の活性化に重要な臓器である、「小腸」ではたらくかについても研究が進んでいます。

引用元:http://www.natto-science.jp/immunity02.html

 

納豆は、納豆菌以外にも免疫機能をアップする成分が含まれているそうです。

粘着成分で多糖の一種「レバン」とアミノ酸重合体の「ポリグルタミン酸」との事

以下に抜粋します。

納豆のネバネバ成分にも免疫賦活作用 !?
納豆を食べることで、免疫作用のある「納豆菌」「レバン」「ポリグルタミン酸」を一度に摂ることができ、相乗効果の可能性も!

引用元:http://www.natto-science.jp/immunity02.html

納豆は、それだけでも、免疫賦活作用があるようですね。

 

まとめと私が食べたいと思う納豆はこちら

 

まとめます。

 

シールド乳酸菌(R)入り納豆だとタレもかければ更に免疫強化になると言う話でした。

 

しかし納豆は、それだけでも免疫賦活作用が、かなり高いと言えましたね。

 

だから、わざわざシールド乳酸菌入りだけど、無添加ではないタレをかけて好みではない納豆を食べるより、好きな味の納豆を食べたほうがいいかなと私は思いました。

 

納豆は好みで食べて良さそうです。

もちろん甘いタレが好きな人でひきわりが好きなら、シールド乳酸菌(R)入り納豆だと更に強化なので良いかもですね。

 

私の場合は「有機そだち極小粒納豆」に生卵とネギと添付のタレとからしをつけて混ぜてご飯にのせて食べるのがお気に入りです。

 

自分の好きな納豆を選んで、好きなように美味しく食べて免疫アップしたいですね。

 

2020年7月17日追記:
納豆と生卵の組み合わせは良くないという噂もありますね。
真相をtweetしたので紹介します。

#納豆 と生卵の組み合わせは美味しい

しかし卵白成分のアビジンが
納豆のビオチンと結合して
#ビオチン の吸収を妨げる

だが卵黄にもビオチンは多く
体に悪影響はないので心配不要

それでも心配なら
卵黄と納豆を合わせるか
加熱でアビジンが変性するので
半熟卵にするとOK

引用元

ホームPage 1 / 11