タグ:アスタキサンチン

記事一覧
ホームPage 1 / 11

アスタキサンチンは腎臓にも効果で酸化ストレスを減らす!

健康

アスタキサンチンは腎臓にも効果で酸化ストレスも減らすのは本当でしょうか?

 

アスタキサンチンを目の疲れやお肌の為に飲んでいる私は気になったので調べてみました。

 

腎臓にも効果で糖尿病性腎症にアスタキサンチンの抗酸化作用が効果があるみたいですね。

 

糖尿病家系なので発病しないように気をつけている私にとって助かる効果だなと嬉しくなりました。

 

今回の記事であなたが得られる事は、糖尿病性腎症の原因を知ると共に
アスタキサンチンが糖尿病性腎症や生活習慣病にも効果が期待できる理由が酸化ストレスに関連がある事などを詳しく学べる点です。

 

アスタキサンチンが腎臓にも効果で糖尿病性腎症に良い理由や原因

アスタキサンチンが腎臓にも効果で糖尿病性腎症に良い理由や原因についてです。

 

まず、糖尿病性腎症の原因とアスタキサンチンが効果がある理由を調べたら、以下のような記述が見つかりました。

糖尿病性腎症の原因としては 糸球体過剰濾過,メザンギウム細胞の代謝異常、糖化反応などが考えられる
が,近年酸化ストレスの尢進が注目されている。
・・・
アスタキサンチンが 糖毒性の軽減作用,糖尿病合併症である腎症の発症抑制効果 な
どを示すことを見いだした

引用元:https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/85/11/85_KJ00007629528/_pdf

つまり糖尿病性腎症の原因に酸化ストレスの尢進がある事から、抗酸化力が強いアスタキサンチンでそれを和らげる作用があるとうわけですね。

 

アスタキサンチンは酸化ストレスを減らす

次にアスタキサンチンは酸化ストレスを減らすという話をします。

 

その前に酸化ストレスとは、体内の活性酸素が自分自身の細胞を酸化させる力の事です。

 

活性酸素も適度な量だと外部からの異物を排除したりと免疫にも役立ち細胞内での情報伝達や代謝の調節などもするのです。

 

しかし多すぎると細胞を傷つけてしまうので、酸化ストレスになって老化してしまいます。

 

酸化ストレスの影響で、シワや白髪が増えたり、生活習慣病になりやすくなります。

 

酸化ストレスを減らす効果があるのが抗酸化作用があるアスタキサンチンなんです。

 

だから白髪対策にもアスタキサンチンがよかったですね。

アスタキサンチンで白髪対策も?髪老化の仕組みも解明!

 

アスタキサンチンが目の老化とも言える老眼や目のぼやけ目の疲れ、ピント調節にも良いと言われるのも抗酸化力が高いからです。

アスタキサンチンの効果は目以外も期待できる!優良サプリも選んでみた!

 

同じく酸化ストレスが原因の糖尿病性腎症にもアスタキサンチンが効果があるのも納得ですね。

 

アスタキサンチンは腎臓だけでなく糖尿病や肥満など生活習慣病にも良い?

 

アスタキサンチンは腎臓だけでなく糖尿病や肥満など生活習慣病にも良いという話もオマケでしますね。

 

アスタキサンチンについて調べれば調べるほど、効果が期待できて嬉しいです。

 

抗酸化力が高いから、酸化ストレスによる老化が原因の糖尿病など生活習慣病にも良いのは納得できますね。

 

では肥満に良いのは、どういう仕組みかなと思ったので更に調べてみました。

 

以下に引用します。

3T3-L1細胞を培養し、あらかじめアスタキサンチンを添加しておくと、前脂肪細胞の増殖を有意に減少させた。一方、充分に脂肪を取り込んだ成熟脂肪細胞に、アスタキサンチンを添加すると、コントロールに比べ蓄積脂肪が減少し、細胞質グリセロール量が増加する傾向がみられた。
以上のことから、アスタキサンチンは、脂肪細胞の増加を防ぎ、成熟脂肪細胞の蓄積脂肪を積極的に分解することが明らかとなった。

引用元:https://www.jstage.jst.go.jp/article/kasei/60/0/60_0_3/_article/-char/ja/

 

つまりアスタキサンチンは、脂肪細胞の増加を防ぐ作用と、既に細胞に蓄積していた脂肪を分解する作用があるんですね。

 

アスタキサンチンは、過酸化脂質の生成を抑制するからみたいですね。

脂肪肝にも良いみたいです。

 

脂肪の増加を防ぐということは、つまりアスタキサンチンは、ダイエットにも良いというわけです。

 

アスタキサンチンは腎臓にも効果で酸化ストレスを減らす話まとめ

 

アスタキサンチンは腎臓にも効果で酸化ストレスを減らす話のまとめをします。

 

アスタキサンチンは抗酸化力が高い事で、腎臓にも効果で酸化ストレスを減らして凄いんだと感心しました。

 

肥満や糖尿病など生活習慣病にも良い影響でしたね。

 

そう言えば最近、お腹が引き締まってきたかも?などと思ったりもします。

まぁ運動もしていますからね。

 

でもアスタキサンチンサプリの「あい楽」を飲み始めて8日目なので、なんか目の調子も良いですよ。

 

1日2粒アスタキサンチン量では6mgで飲んでいます。

 

もっと効果を実感したい人は、1日3粒で9mg摂取しても良いみたいですね。

 

機能性表示食品で目の疲れ、目のぼやけ、目のピント調節などに効果があるので飲んでいます。

 

更に酸化ストレスによる老化を予防する力の抗酸化力が高いので、そういう意味でも観察しながら今後も飲み続けたいと思います。

アスタキサンチンサプリの「あい楽」を注文!口コミ体験レビュー

 

アスタキサンチンで白髪対策も?髪老化の仕組みも解明!

健康

アスタキサンチンは白髪対策にもなるという噂を知ってリサーチしています。

 

髪老化の仕組みも解明しながら黒髪が再び生える可能性なども調べてみました。

 

なぜアスタキサンチンで白髪対策に興味があるかというと今アスタキサンチンサプリを飲み始めたばかりだからです。

 

そして白髪も気になる年齢だからです。

 

白髪にも良いのなら一石二鳥どころか四鳥くらいありそう。

 

私が元々アスタキサンチンを飲んでいる理由は目の疲れやぼやけとブルーライト対策や美肌対策の為です。

詳しくは→アスタキサンチンサプリの「あい楽」を注文!口コミ体験レビュー

 

だからアスタキサンチンが白髪にも良い栄養素だったら更に嬉しいなと思ったんです。

 

今回の記事であなたが得られることは、アスタキサンチンが白髪対策に適する栄養素(成分)なのかを髪老化の仕組みなどから確認できる点です。

 

アスタキサンチンで白髪対策の理由

アスタキサンチンで白髪対策の理由は、強い抗酸化作用です。

 

アスタキサンチンは、鮭や海老、蟹などの赤い色素の事でしたね。

 

そして抗酸化作用とは酸化を抑える事です。

 

体内で起こる酸化は、体の中に入った酸素の一部が活性酸素になって体の細胞を傷つける反応の事です。

 

体内での抗酸化反応と酸化のバランスが崩れると活性酸素の産生が上回り酸化ストレスの状態になります。

 

つまり老化が進みますよね。

 

白髪になるのも、髪が老化しているからですよね。

 

だから髪の老化対策として抗酸化作用が高いアスタキサンチンは役立つわけです。

 

抗酸化作用が高いアスタキサンチンを摂る事で、老化予防ができるので新たな白髪予防も可能と言えます。

 

髪老化の仕組み!白髪ができる過程と黒髪維持に必要な栄養素

頭皮や髪の酸化で髪も老化するから、抗酸化作用が高いアスタキサンチンが効果があるのですよね。

 

もっと詳しく髪老化の仕組みを確認してみました。

 

老化の前に髪の毛の色が出る仕組みについて書きますね。
髪の色が出るのは、メラニン色素が髪の毛の中にあるからです。
若い黒髪にはメラニンが多いんです。

 

髪の根元の皮膚の下に毛包(もうほう)と呼ばれる部位がありそこで髪の毛ができます。

毛包の中に髪の毛を作る細胞やメラニンを作る色素細胞がありますよ。

 

若い人(頭皮が老化していない人)は、色素細胞の元になる細胞が多いから黒髪です。

 

しかし加齢でメラニンを作る色素細胞の元になる細胞が減っていくから白髪が増えてくる仕組みです。

 

なぜ元になる細胞が減るかというと傷がつくから。

 

こちらにもっと詳しい仕組みが書かれているので抜粋します。

色素細胞の元になる細胞は2つに分かれる分裂(ぶんれつ)をくり返して数を増やすけど、遺伝子に傷(きず)がつくと、この細胞が分裂できなくなることがあるんだ。そうすると、やがて細胞自体がなくなってしまうよ。
引用元:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO37121520Q8A031C1NZGP00/

傷をつける原因の1つに細胞の酸化があるんです。

だから抗酸化作用が高いアスタキサンチンは、髪の老化予防になるから、黒髪維持に必要な栄養素と言えます。

 

アスタキサンチン以外でも黒髪維持に必要な栄養素は色々。

 

そしてコラーゲンが重要とわかってきたそうです。

そして白髪と脱毛も関連性も深いようです。

 

育毛に関連する毛包幹細胞(毛を作る細胞の元になる幹細胞)が減ると色素細胞も減り白髪になるようですね。

 

どちらも頭皮の老化で起こりますよね。

以下に詳細を抜粋します。

最近、毛包幹細胞(毛を作る細胞の元になる幹細胞)の研究も進め、毛包幹細胞の維持には17型コラーゲンが重要だとわかりました。この分子が欠損すると、ニッチ細胞である毛包幹細胞が維持されなくなり、TGFβも分泌されなくなるため、色素幹細胞の維持が出来なくなり、白髪と脱毛の両方を引き起こします.毛包のバルジーサブバルジ領域という非常に狭い領域に2種類の幹細胞がひしめきあって存在し、相互作用しています。
引用元:https://skip.stemcellinformatics.org/archive/voice/08/

 

アスタキサンチンはコラーゲンやエラスチンの生成を助ける働きもあるので、そういう意味でも白髪対策に役立つと考えられますね。

 

アスタキサンチンを摂る以外で白髪対策で実践すべきこと

アスタキサンチンを摂る以外で白髪対策で実践すべきことは、色々あります。

 

髪の毛はタンパク質なのでタンパク質も必須。

ビタミン・ミネラルも必須なのでバランスが良い食事が大事と言えます。

 

サプリを飲むだけでは栄養のバランスが整わないので、しっかり食事もとりましょう。

 

食事で不足しがちな栄養素をサプリで補給するといいです。

 

そして頭皮に刺激が強すぎると白髪になりやすいです。

 

例えば髪の毛を染めるヘアカラーで頭皮にダメージを負いやすくなります。

 

そうなると毛母細胞が傷ついて黒髪を作り出すメラノサイトの働きが悪くなり白髪が増えます。

 

つまりヘアカラーは逆効果になるわけです。

白髪だけでなく薄毛にも繋がります。

 

だから白髪染めは面倒でも髪の毛に傷をつけにくいカラートリートメントを選ぶ方が悪化しないので安心です

 

カラートリートメントは色々ありますが私がいいなと思うのはマイナチュレカラートリートメントです。
白髪染めが上手く染まらない!マイナチュレカラートリートメントは本当に染まる?

アスタキサンチンで白髪対策!髪老化の仕組みも解明のまとめ

アスタキサンチンで白髪対策!髪老化の仕組みも解明をまとめます。

 

アスタキサンチンで白髪対策できる理由は、強い抗酸化作用があるからでした。

 

アスタキサンチンの抗酸化力は、β-カロテンの5倍(脂質の酸化を防ぐ力)、ビタミンEの1000倍(脂質の酸化を防ぐ力)、CoQ10の800倍(一重項酸素を消去する力)、ビタミンCの6000倍(一重項酸素を消去する力)と言われています。

 

凄いですね。

 

加齢やストレス、紫外線などで体は酸化されやすく活性酸素が増えて細胞に傷がつきやすく老化しやすくなりますね。

 

白髪だけでなく、抜け毛対策の意味でも、そして目の老化、肌の老化、体の老化対策でアンチエイジングの目的でもアスタキサンチンを摂って健康維持したいなと感じました。

 

食事ではサーモンやエビなどを意識的に食べています。

 

そしてアスタキサンチンサプリは、色々ありますね。

 

私が今飲み始めているのが「あい楽」です。

「あい楽」は機能性表示食品でアスタキサンチンを3粒中9mg含むので良いなと思ったからです。

主な目的は目の疲れやボヤけ、ピント調整などですが白髪対策も兼ねて飲んで様子を見たいなと思いました。
詳しくは→アスタキサンチンサプリの「あい楽」を注文!口コミ体験レビュー

 

 

アスタキサンチンの効果は目以外も期待できる!優良サプリも選んでみた!

健康 - 目の健康

アスタキサンチンの効果は目以外も期待できるので優良サプリも選んでみた話です。

 

目のサプリでルテインが多いサプリが良いのかアスタキサンチンが多い方が自分にとって良いのか考えていました。

 

そこでアスタキサンチンは、お肌にも良かったのを思い出したんです。

 

はい、アスタキサンチンの効果って目以外も期待できると気づいて更にリサーチしました。

 

この記事であなたが学べる内容は、アスタキサンチンの効果やアスタキサンチンを多く含む優良なサプリを知ることができる点です。

 

アスタキサンチンの効果は目以外も期待できる

まずアスタキサンチンについては元々の知識は抗酸化作用が強いということ。

 

つまり抗酸化作用で体内に入った活性酸素を減らしてくれてエイジングケアに良いと思っていました。

 

目が老化してしまうのもサポートしてくれます。

 

新陳代謝が良くなって巡りをよくして目の疲れやピント調節機能もスムーズにしてくれます。

 

抗酸化作用が強いので目以外にも効果が期待できますよ。

 

全身の巡りをよくする効果も期待できます。

他では、筋肉の疲れを軽くする効果も期待できるそうです。

 

お肌にも良いんです。

美白や美肌に良いと言われています。

美容サプリにもアスタキサンチンが含まれていることもありますね。

 

紫外線対策にも効果を発揮です。

活性酸素の中の一重項酸素は紫外線を浴びた時に発生してシミやシワの原因になるんです。

以下に詳しい情報を引用しますね。

 

 アスタキサンチンは一重項酸素に対して顕著なパワーを発揮することがわかっています
研究によるとアスタキサンチンはβカロテン40 倍。ビタミンEの550倍もの活性を示しています (矢澤一良特任教授)

引用:http://www.heiwa.net/pdf/astaxanthin.pdf

βカロチンの40倍でビタミンEの550倍の抗酸化力って凄いですね。

 

紫外線対策もできるアスタキサンチンは、魅力だなと思いました。

アスタキサンチンとは?何に含まれる?見分け方も

 

そんな魅力あるアスタキサンチンは、サーモンやカニ、エビ、イクラに含まれる赤い天然色素ですね。

 

アスタキサンチンとは、抗酸化力が強いカロテノイド成分の一種です。

 

カロテノイドなのでβカロチンなどと同じ仲間ですね。

リコピンも仲間みたいですね。

どれも抗酸化作用が強力です。

 

アスタキサンチンは、別名、海のカロテノイドとも呼ばれますよ。

 

アスタキサンチン が含まれるものは、加熱で赤くなるので見分けることができるんです。

 

カニもエビもボイルすると赤くなりますよね。

 

サーモンは、生でも赤いですが加熱でもう少し赤色が濃くなる感じです。

オキアミもアスタキサンチンが豊富です。

 

なおマグロも赤ですが、加熱で消えるのでアスタキサンチンではないそうです。

 

加熱で赤くなる海の魚介類の天然の赤い色素がアスタキサンチンなのです。

 

アスタキサンチンは、元々海の海藻の「ヘマトコッカス」に含まれる赤い色素なんですね。

 

この「ヘマトコッカス」を食べることで鮭(サーモン)やオキアミ、カニ、エビは、体内にアストキサンチンを取り込んでいるというわけです。

 

アスタキサンチンの効果まとめと選んだ優良サプリ!

アスタキサンチンは抗酸化作用が強く、目だけでなくお肌や紫外線対策にもよく、健康維持に最適とわかりましたね。

 

そこで意識的にサーモンやオキアミをよく食べている私です。

 

特にオキアミはふりかけみたいにして毎朝食べています。

 

しかしサーモンやオキアミ、カニ、エビを必要量に達するくらい食べるのは無理っぽいですね。

 

可能性としては鮭の仲間で多く含む紅鮭は100g中2.7mgです。
だから1切れ100gと考えると2切れ食べれば5.4mgと1日の目安量がとれそうです。
しかし毎日は飽きますよね。

 

それに食べ物のみでアスタキサンチンを得ようとするとコスパも高くなります。

 

だからアスタキサンチンが含まれるサプリを目的に応じて選んで飲むのがベストだと私は思います。

 

◆今現在キャンペーン中で優良だと思うサプリ2種類紹介します。
どちらも機能性表示食品です。
目の疲れやぼやけ、ピント調整をしたい人は、アスタキサンチンを9mg含んでいて目によいルテインやアントシアニンも一緒に含む「あい楽」が良いです。
私も「あい楽」を試してみようと考えています。
アスタキサンチンだけでなくルテインやアントシアニンも含むので目の疲れがメインで気になるから魅力を感じるからです。
詳しくは→あい楽公式サイト

 

2020/10/7追記
あい楽を注文して体験中です。
詳しくは→アスタキサンチンサプリの「あい楽」を注文!口コミ体験レビュー

 

 

他ではアスタキサンチンを6mg含み多穀麹(たこくこうじ)や11種のビタミンを含むことで目のピント調整やお肌にも良いのがピントモイスト5500です。
詳しくは→ピントモイスト5500公式サイト

 

アスタキサンチンの量はもっと少ないサプリで他がメインのものも色々ありますが、アスタキサンチンの量や内容を考えて2種類を今回は選びました。

参考にどうぞ。

また他でも良いのが見つかったら追記しますね。

 

ホームPage 1 / 11