タグ:プロセスチーズ

ホームPage 1 / 11

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは?健康に良いのはナチュラル?

食材 - 発酵食品

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは?健康に良いのはナチュラル?

 

チーズは発酵食品なので身体に良いイメージがありませんか?

 

私はチーズが好きなので、身体にも良いと思ってパンを食べる時はたいていチーズも食べます。

 

子どもの頃は、おやつにチーズをよく食べていました。

 

そもそもナチュラルチーズとプロセスチーズの違いはご存じですか?

 

同じ「チーズ」でも製法が異なりますし、特徴も異なります。

 

今回は、ナチュラルチーズとプロセスチーズの特徴、添加物について紹介したいと思います。

ナチュラルチーズの特徴


まずナチュラルチーズです。

 

牛乳やヤギの乳を乳酸菌やレンネットを加えて発酵し熟成させます。

 

乳酸菌が生きているまま時間の経過とともに発酵し熟成するので、その時その時により味が異なります。

 

ナチュラルチーズは生乳と食塩が原材料で、食品添加物もほとんど使用しないで作られるので、安全ですし健康面でも良いです。

 

続けて食べると良いチーズと言えます。

 

また乳酸菌は、腸内環境を整えてくれて免疫力を高めてくれるので、健康面でも美容面でも良いと言われていますが、この場合の乳酸菌が含まれているチーズはナチュラルチーズのことを指します。

プロセスチーズの特徴

続いて、プロセスチーズです。

 

こちらは、ナチュラルチーズを高温で加熱殺菌して作ります。

 

殺菌処理されているのでカビが生えずに賞味期限が長く長期保存ができるチーズです。

 

先ほどもお話しましたがねナチュラルチーズは熟成していくので、その時その時で味が違いますが、プロセスチーズは熟成しないので味が変わることはなく安定しています。

 

いつ食べても同じ味なのですね。

 

しかし加熱殺菌しているので乳酸菌等、熱に弱い栄養素は失われてしまうので、栄養面で考えるとナチュラルチーズの方が良いと思います。

 

乳酸菌を摂ることを目的とするのでしたら、ナチュラルチーズを摂ると良いです。

 

さて続いて添加物についてです。

 

プロセスチーズには、乳化剤が指摘されています。

 

また乳化剤にはカルシウムの天敵のリンも含まれています。

 

リンを過剰に摂取すると、カルシウムの吸収が抑制されたり、腎機能が低下したり、副甲状腺機能が高ぶる等言われています。

 

牛乳から作られるチーズはカルシウムがたくさん含まれているのですが、リンも含まれていることを考えると、プロセスチーズを食べてもカルシウムが豊富に摂れるとは思わない方が無難です。

 

ナチュラルチーズは、しっかりとカルシウムが摂れます。

ナチュラルチーズとプロセスチーズの見分け方

ナチュラルチーズとプロセスチーズの見分け方についてです。

 

見た目ではわかりにくく見分け方がわからないと思いますが、商品に「プロセスチーズ」または「ナチュラルチーズ」と表示されているので簡単に確認できます。

 

食品添加物等の話から、プロセスチーズは身体によくないイメージになってしまったかもしれませんが、そういうわけではありません。

 

ナチュラルチーズと比較すると、プロセスチーズは栄養価が少し落ちるというだけです。

 

加工食品やファーストフードの食べ物と比較すると、プロセスチーズは安全な食べものです。

 

クリームチーズもプロセスチーズが多いですね。

 

たまにナチュラルチーズのクリームチーズもあるので時々買いますよ。

クリームチーズも無添加のナチュラルチーズを選ぼう

 

チーズがダイエットに良い理由

プロセスチーズも栄養も豊富ですし身体に良いです。

 

ダイエットにも良い食べものとして最近は注目されていますよ。

 

チーズはカロリーが高いというイメージがありますが、実は内臓をスッキリさせる食材と言われています。

 

チーズ=太るイメージがあるかもしれませんが、チーズはそこまで意識しなくても確実に痩せられるとも言われています。

 

でも何故チーズを食べると太りにくい体質になるのでしょうか。

 

なぜ内臓がスッキリするのでしょうか。

 

チーズは、脂肪が多い食べ物ですが、注目したいポイントは質です。

 

チーズの脂肪は、燃焼しやすく蓄積しづらいのです。

 

ですから食べても太りにくい脂肪と言えます。

 

肉類に含まれる脂肪は分解されにくく、吸収されにくいのでエネルギーに使われるまでに時間がかかります。

 

しかしチーズの脂肪は分解されやすく吸収されやすいので早くエネルギーになります。

 

身体に溜まりにくい脂と言えますよ。

 

他にも内臓脂肪をスッキリさせる成分があります。

 

それはカルシウムです。

 

カルシウムと聞くと骨を丈夫にさせるものというイメージですが、実は脂肪の燃焼を促して脂肪の蓄積を抑える働きがあります。

 

ですから肥満になりにくいのです。

 

チーズの中のカルシウムは、約40%の吸収率があると言われており、これはかなり高い数値です。

 

小魚の吸収率は約33%で、野菜は約19%と言われていることからも、チーズの吸収率の良さがわかりますね。

 

チーズは、少しの量で大量のカルシウムが摂れることがわかります。

 

でもチーズではなく牛乳でもカルシウムは摂れるのではないかと思いますよね。

 

牛乳にもたくさんカルシウムは含まれています。

 

しかし牛乳に含まれている乳糖を日本人は少ししか分解できないと言われています。

 

牛乳に含まれるカルシウムは乳糖と結合して存在しているので、乳糖を分解できない多くの日本人は牛乳からカルシウムを吸収できないと言う専門家もいます。

 

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする方がいると思いますが、これは乳糖が分解できていないということです。

 

欧米人と比べて日本人は昔は牛乳を飲む習慣がなかったからだと言われています。

 

確かに、私は小学生の時の給食で毎日牛乳を飲んでいましたが、私の親世代は牛乳を飲む習慣がありませんでした。

 

急に毎日飲むようになっても身体は、遺伝子は急には変われませんよね。

 

しかし反対に牛乳はカルシウムが十分摂れるという考えもあります。

 

賛否両論というわけですね。

 

子どもの学校給食でも牛乳は毎日出ています。

 

毎日飲むほどの栄養があるのかなと疑問に思うわけですが、後者の牛乳はカルシウムが十分摂れる飲み物という考え方なのでしょう。

 

だから牛乳ではなくチーズの方がカルシウムがとれます。

特にナチュラルチーズの方は、カルシウムも期待ができますよ。

 

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いと選び方

 

次に繰り返しになる面もありますが、2つのチーズ違いをまとめますね。

ナチュラルチーズは、乳を固めて発酵熟成させたものです。

 

文字の通り自然なチーズです。

 

ナチュラルチーズは、乳酸菌も生きています。

 

原料の父の種類や製造方法、使用する乳酸菌やカビといった微生物や生産地の風土により形状も風味も大きく変わるのが特徴です。

 

熟成の進行とともに風味も変わるので、ナチュラルチーズは、食べごろがあると言われています。

 

次にプロセスチーズは、昔から日本で馴染みが深いと思います。

 

原料は1種類又は数種類のナチュラルチーズを使います。

 

それらを刻んで加熱溶解し、乳化剤などを加えて再び成型したものです。

 

プロセスチーズは加熱し殺菌しているので、保存性が高く、用途に合わせて好きなものを選べるのも特徴です。

 

どちらが健康に良いかということですが、これらのことから、ナチュラルチーズの方が良いと言えます。

 

しかし、プロセスチーズが悪いというわけでもありません。

 

用途に合わせて選ぶといったところでしょうか。

 

チーズ本来の美味しさを楽しみたい場合は、ミルクや熟成の味わいを感じられるナチュラルチーズが良いと思います。

 

クセの少ないものから食べてみると良いかもしれませんね。

 

ワインといただく場合も、ナチュラルチーズがよく合います。

 

一方、お料理やお弁当に入れる場合やアウトドアで楽しむ場合は、プロセスチーズが良いです。

 

プロセスチーズは保存性が良いですし、そのまま食べても焼いても溶かしても、色々な調理法で美味しく食べられます。

 

ピザに載せるのにもプロセスチーズがよく使われますね。

 

そして妊娠中は、ナチュラルチーズを避けた方が良いです。

 

滅多にないのですがリステリア菌に感染する危険があるからなんです。

 

食中毒を引き起こす菌ですが、それほど強くないので普通は気にしなくて良いのです。

しかし妊娠中だと免疫も弱っているので悪化しやすかったり胎児への影響が懸念されるんです。

妊娠初期だと流産、その後は早産や死産を引き起こす危険性もあります。

だから妊娠中は、プロセスチーズが安心ですね。

 

もちろん妊娠中でもナチュラルチーズを食べたい時は加熱すれば食べることはできますよ。

 

私はナチュラルチーズの方が好きですが、食パンに載せるスライスチーズはプロセスチーズを使うこともあります。

 

用途に合わせて、美味しく楽しみたいですね。

ホームPage 1 / 11