カテゴリー:発酵食品

記事一覧

ワインも発酵食品!健康に良いポリフェノールの効能効果を調べてみた

食材 - 発酵食品

ワインが発酵食品で健康にも良い成分があるって人気ですよね。

色素成分のポリフェノールが抗酸化作用があると有名ですね。

 

ポリフェノールの抗酸化作用に興味があるので詳しくリサーチしました。

 

お酒があまり飲めない私ですが、ワインは少し飲めます。

 

たまに買っても減らないので料理に使うことも多いです。

シチューとかアサリ貝のワイン蒸しに使うと美味しいですね。

 

ワインは、発酵食品です。

ワインを適量を飲むことで生活習慣病になりにくいというデータもあります。

 

そこで今回の話で得られることは、発酵食品としてのワインの中のポリフェノールの効能効果などを学べる点です。

 

文章を読みながら聞きたい人は以下からどうぞ
https://stand.fm/episodes/600615d88ba7e162c71da252

 

文章で確認したい人は以下をどうぞ

 

ワインも発酵食品!健康に良い理由

ワインも発酵食品で健康に良い理由などを調べてみました。

 

ワインとは、ブドウ果汁を発酵させたアルコールの飲み物のことを指しますよね。

発酵食品です。

 

ワインと言えばフランスです。

 

フランス人は、バターや生クリーム、肉料理が毎日食べている印象です。

しかしワインのポリフェノールのお陰なのか、フランス人の心疾患による死亡率はとても低いのです。

フレンチパラドックス(フランス人の逆説)とも呼ばれていますよね。
どんな内容かは以下に引用します。

1992年、ボルドー大学のセルジュ・レナウド博士は論文で、「高脂肪食をフランス人は日々取っているのに、心疾患が少ないのは毎日飲んでいる赤ワインのおかげである」ということを報告し、この逆説現象を「フレンチパラドックス」と名付けました。

フランス人には毎日赤ワインを食事と一緒に飲むという習慣があります。
もっと詳細な調査で、フランス国内で比較しても赤ワインを多く飲む地域ほど、心疾患が少ないこともわかりました。

引用元:https://rikunabi-yakuzaishi.jp/article/column/french-paradox/

はい、赤ワインが良いんですね。

 

発酵食品は体に良いですよね。

 

赤ワインは、ブドウを皮ごと発酵させたもので、ブドウの種子も皮も丸ごとなので、そこに含まれているタンニンやカテキン、フラボノイドやアントシアニンといった健康に良い成分がたくさん溶け出しています。

 

これらの健康に良い成分を、ポリフェノールと呼んでいます。

 

健康に良いポリフェノールの種類と効能効果

健康に良いワインのポリフェノールの種類と効能効果について書きます。

 

赤ワインのポリフェノールの種類は、先ほども出てきましたがもう少し詳しく書きますね。

 

ブドウの皮→アントシアニン・レスベラトロール・タンニン

果肉→ アントシアニン

種子→ プロアントシアニン・タンニン・ケルセチン・カテキン

 

赤ワインの方が白ワインに比べてポリフェノールの種類が多いのは、皮や種子も一緒に使うからなんですね。

 

とはいえ、白ワインも果肉部分のアントシアニンは含まれます。

 

比べると赤ワインの方がポリフェノールの種類が多いというわけです。

 

赤ワインは白ワインの8倍ものポリフェノールを含んでおり、カテキンは緑茶の4倍も含んでいると言われています。

 

ポリフェノールは抗酸化作用があるので身体の活性酸素を取り除いてくれる嬉しい働きかけをしてくれます。

 

老化予防とかエイジングケアに期待できますね。

 

ところでポリフェノールの含まれている量を比較すると、赤ワインの方が断然多いので優秀といえますが、白ワインは殺菌作用の面でとても優秀です。

 

大腸菌やサルモネラ菌などを殺菌する力は、赤ワインの2倍もあると言われています。

 

お刺身などと一緒に白ワインを飲む機会が多いかと思いますが、とても良い組み合わせと言えますね。

 

生の食材は大腸菌やサルモネラ菌といった食中毒を起こしやすい菌を、白ワインが持つ殺菌の働きかけによって防ぐことができます。

 

以下に根拠を引用します。

大腸菌やサルモネラ菌などの食中毒菌に対する殺菌力はかなりのもので、10分間で10万個の菌が数個になったという実験結果もあるほど。

この秘密は、白ワインに含まれるアルコールと有機酸(酒石酸、リンゴ酸、クエン酸、乳酸、酢酸、コハク酸など)にあります。

まず、アルコールが菌の細胞を破壊して穴をあけ、有機酸がその穴に入り込み、菌を内部から攻撃するのです。

菌を死滅させるのに要する時間は、なんとわずか数分です。

引用元:https://www.maboroshinosake.com/sake/wine/chablis-sakkin/

 

ワインも発酵食品!健康に良いポリフェノールの効能効果まとめ

 

ワインも発酵食品!健康に良いポリフェノールの効能効果をまとめます。

 

赤ワインだけでなく白ワインは、どちらも身体に良い働きかけをしてくれることがわかりました。

 

ポリフェノールの抗酸化作用が期待できるのが赤ワインですね。

殺菌作用で食中毒の心配が減るのが白ワインでした。

 

しかし健康に良いからと言ってもワインを飲み過ぎることはよくないです。

 

お酒と、そのおつまみは相性の良いものを選んで楽しむと健康に良く美味しいお酒となりそうですね。

 

私は、お酒自体、殆ど飲まないのですが、少しだけ飲めるワインをたまに試したいなと思いました。

 

2021年1月19日追記:
アルコールが飲めない人は、香料や防腐剤など使わない果汁100%のブドウジュースでもポリフェノールの効果が期待できるようです。

ワインの材料のコンコード種グレープが原料のブドウジュースだとポリフェノールの量が多いという話もありました。

濃縮還元でも果汁100%だったらポリフェノールは含まれるようです。
ポリフェノール含有と書かれているジュースもあるので表示を確かめてみるのも良いですね。

 

そしてワインで温活したい場合は、ホットワインにすると効果的です。

 

ワインにシナモンやクローブなどのスパイスを入れて温めて飲むとポカポカになりますよ。

 

ホットワインでもアルコール分は残っているので子供や妊娠中・車の運転時は飲まないようにしましょう。

 

代わりにブドウジュースにシナモン入れて温めると良さそうですね。

鰹節は発酵食品!鰹節カビで硬くなり旨味が増す!効能効果も凄い!

食材 - 発酵食品

鰹節は発酵食品!鰹節カビで硬くなり旨味が増す!効能効果も凄いという話です。

 

鰹節は発酵食品ですね。

 

鰹節カビで硬くなって旨味が増すのでしょうか?リサーチしました。

 

鰹節が発酵食品ということを知っていましたか?

 

実は私は、鰹節=発酵食品という認識があまりなかったんですね。

 

しょっちゅう鰹節のお世話になっているのに、知りませんでした。

 

冷奴や即席漬けを作るときに鰹節をいつも使っています。

 

朝、味噌汁と冷奴に鰹節をかけてお醤油を垂らして食べることも多いですが、味噌も醤油も鰹節も発酵食品ですね。

 

発酵食品は、味わい深いなと思います。

 

そこで今回の話であなたが得られることは、鰹節の酵素の働きや発酵のメカニズム、発酵により生まれる旨味など調べて知り得た情報を学べる点です。

 

音声でも簡単に効能効果を話していますので聞いてみてください。
音声→https://stand.fm/episodes/6036dbf8ea027552f2673b8a

 

もっと詳しく理解したいときは、以下の文章をじっくりどうぞ

鰹節は発酵食品

まず鰹節は、発酵食品であることについてです。

 

鰹節は、カビ付け、日乾を繰り返し行い手間と時間をかけて鰹節を作り上げます。

 

カビ付けで鰹節カビの発酵することで鰹節の質が向上すると言われています。

 

菌体内や細胞膜・細胞壁の中の酵素の働きで栄養源を分解し取り込みます。

その代謝の途中で生まれた代謝副産物が菌体外に出て発酵という仕組みです。

 

もう少し詳しく微生物と酵素、発酵について書きますね。

 

1つ目は微生物です。

微生物は、ウィルス・真菌(酵母・きのこ・カビ)・細菌に分類されます。

 

発酵に関わるものは、カビ類と細菌類、そして酵母類に分類されます。

 

2つ目は酵素です。

食べものから様々な栄養を摂りますが、食べた形のままでは代謝に利用できません。

 

分解する酵素が働いて吸収されて利用されるのです。

 

生命維持のために、身体の中に多種の酵素が必要となります。

 

酵素の働きによって分解され菌体内に取り込まれた栄養源は、更に様々な酵素の働きで変化します。

 

3つ目は先述しましたが発酵の仕組みです。

微生物が繁殖(発酵)するときに、糖質やたんぱく質・アミノ酸、脂質やビタミン類等の栄養素を摂取します。

 

その代謝の途中で代謝副産物で発酵物ができます。

 

その一部が菌体外に出てくるのが発酵と言われています。

 

鰹節カビが発酵して鰹節が生まれるわけですね。

 

とっても硬い発酵食品が鰹節ですね。

 

硬いので専用の削り機もありますよね。

 

私は削ってある鰹節を買う事が多いです。

 

本格的に風味を楽しみたい人は、丸ごと買うといいですね。

 

旨味を増大させるのはプロテアーゼで脂肪成分が少なく澄んだ透明なだしができるそうです。

 

また鰹節は魚臭さが微塵もない特有の芳香もいいですね。

 

鰹節カビで硬くなり旨味が増す!

鰹節は、鰹節カビで硬くなり旨味が増すわけです。

 

次に鰹節の旨味成分についてです。

 

旨味成分では、イノシン酸やアミノ酸が大切な役割をしていますよ。

 

アミノ酸は、味噌や醤油と同様に糖蜜などを原料にして成分を培養し発酵の過程で生まれます。

 

このとき核酸が足りないと代謝が滞り、傷の治りが遅くなったり良いことがないそうです。

 

鰹節はイノシン酸でも注目されています。

 

旨味についてですが、核酸系のイノシン酸とアミノ酸系の旨味物質が合わさることで旨味が増強します。

 

鰹節は、毎日何気なく摂っているものですが、奥深いのですね。

 

味噌汁や煮物の出汁には欠かせませんね。

 

出しをとった後もアミノ酸は残っているので、佃煮やふりかけなどで再利用したいですね。

 

ほうれん草など野菜のお浸しを食べる時も鰹節は欠かせません。

 

お好み焼きにも鰹節をたっぷりかけると美味しいですね。

 

私は時々、炊き立てのご飯に豆腐と鰹節と醤油をかけて食べるのも大好きです。

 

かつお節の栄養と効能効果

 

鰹節の栄養と効能効果も調べました。

 

低カロリーで消化しやすい良質なタンパク質が多いのでダイエットに最適です。

 

筋肉・血液・骨の素のタンパク質

リン、カリウム、ビタミンDなども豊富ですよ。

健康維持にも効果的なビタミンB1やB2、Dも含みます。

 

カルシウム、カリウム、マグネシウムなどミネラルなども含みますよ。

栄養豊富で旨味も多いのが発酵食品の鰹節です。

 

そして旨味成分で核酸のイノシン酸はDNAの原料です。

かつお節のイノシン酸が体内に入ると、

細胞が元気になって新陳代謝が促進される効果があります。

 

そうなると

  • お肌が元気になる効果
  • ダイエット効果
  • 免疫も強くなる効果が期待できますね。

 

更にアミノ酸が多い鰹にはアンセリンとカルノシンと呼ばれるペプチドが豊富です。

アミノ酸の集合体で栄養効率が良いペプチドの働きは以下から抜粋します。

 

  • ペプチドは体内でのエネルギーづくりを邪魔する水素イオンを除去する
  • ペプチドは疲労物質の乳酸を分解する酵素を増やす
    てな訳で、かつお節を食べると疲労回復が早くなります。

 

引用元:https://www.fushitaka.com/cont/mutter/katsuo4.html

 

 

つまり鰹節を食べることで疲れにくくなる効果も期待できます。

 

もっと効果がありますよ

かつお節には、ヒツチジンというアミノ酸も含みます。

ヒツチジンは、酵素のリパーゼを活性化して中性脂肪の燃焼を促進すると言われています。

つまり、ダイエットに良いんですね。

 

カロリーも低く良質なタンパク質、新陳代謝も促進で、中性脂肪の燃焼を促進するので、色々な面からかつお節はダイエットに最適と言えます。

 

効能効果をまとめると・・

豊富なタンパク質、ビタミン、ミネラルから健康維持

旨味成分の核酸イノシン酸による新陳代謝アップで美肌、ダイエット、免疫強化

そしてペプチドで疲労回復の促進

更に中性脂肪の燃焼を促進効果

です。

 

何気なく食べている鰹節ですが、予想以上に効能効果があります。

 

これからは、鰹節の奥深さを考えながら味わい食べようと思いました。

 

鰹節、食べて美肌健康ダイエットですね。

 

もちろん食べ過ぎないでバランス良い食事も意識しましょう。

 

なお美容も健康もダイエットも案外知らない事が多いものです。
そこでブログには書けない+αの内緒話を無料メルマガで発信中です。
メルマガ登録者全員に書き下ろしの「もう騙されない!美容健康ダイエットの真実」電子書籍PDFをプレゼント中
無料→薬剤師サト愛の本音メルマガ 【美容健康ダイエットの裏話】案内
サプリや薬のことも書いています。
役立つと人気です!

 

発酵食品アンチョビの効能効果や簡単なアンチョビソース無添加レシピ

食材 - 発酵食品

発酵食品アンチョビの効能効果や簡単なアンチョビソースレシピを紹介します。

 

あなたは、アンチョビを食べますか?

私は好きで時々食べます。

 

ポテトや野菜パスタなどにかけるソースに入れて使うと美味しいです。

 

アンチョビは、栄養価がとても高くて健康にも良いのですが塩分が多いので食べ過ぎは注意ですね。

発酵食品アンチョビとは

ところで、アンチョビとはなんのことでしょうか。

 

カタクチイワシ科の小魚を塩漬け発酵したオリーブ油等に漬けた発酵食品です。

 

日本では、カタクチイワシを塩漬けして加工したものをアンチョビと呼んでいます。

イタリア発祥の保存食です。

 

缶詰や瓶詰めが多いですね。

ペースト状のものもあります。

 

ソースに使う場合はペーストも便利ですが美味しいのは缶詰や瓶詰めの丸ごとのものかなと個人的には思います。

 

アンチョビは発酵させてあり旨みが多くコクもあるのが特徴です。

 

塩漬けされているので、塩辛いです。

 

そのまま食べるのではなくパスタやピザ、サラダなどの調味料やソースとして使うものです。

 

私は好きなので塩辛みたいに少しだけご飯にのせて食べることもありますよ。

 

私の中のアンチョビイメージは、イタリアの塩辛と言うイメージです。

 

発酵食品アンチョビの栄養素と効能効果

ではアンチョビが持つ栄養素(成分)や効能効果を紹介します。

 

1つ目は、オメガ3脂肪酸です。

心臓病や脳疾患などの生活習慣病予防に良い栄養素です。

 

2つ目は、ビタミンDです。

風邪やインフルエンザ予防に良い栄養素です。

 

3つ目は、カルシウムです。

骨粗鬆症予防に良い栄養素です。

 

4つ目は、ビタミンA、チロシンです。

肌や目の健康維持に欠かせません。

うつ病予防にも良い栄養素です。

 

*どの場合も塩分が多いので摂りすぎると逆効果なので注意です。

 

アンチョビを使った簡単ソース無添加レシピ

 

ではアンチョビを使った簡単ソース無添加ヘルシーレシピを紹介します。

 

我が家は夫がニンニクが苦手なのでソースにもニンニクを入れていませんが好きな人は入れると良いです。

 

どれもハンドブレンダーで滑らかなソースにしています。

分量は好みの量でOKです。

 

1つ目は、アボカド1個とレモン汁小さじ1杯にアンチョビ1/2匹(塩分なので好みの量)を混ぜたソースです。

野菜との相性が良いです。
パンやパスタのソースにも良いです。

 

2つ目は、オリーブオイル大さじ1杯、豆乳大さじ2杯とアンチョビ1/2匹(塩分なので好みの量)を混ぜたソースです。

これも野菜やパン、パスタにも合います。

 

3つ目は、マヨネーズ大さじ1杯、豆乳大さじ1杯、アンチョビ1/2匹(塩分なので好みの量)を混ぜたマヨソースです。

スティック野菜との相性が良いです。
人参やブロッコリーに合います。

 

4つ目は、オリーブオイル大さじ1杯、チーズ好みの量、セージ好みの量とアンチョビ1/2匹(塩分なので好みの量)を混ぜて作るアンチョビチーズソースです。

グリル野菜にピッタリです。

 

5つ目は、アボカド1個、茹で卵1個、玉ねぎ少し、レモン汁小さじ1杯等とアンチョビ1/2匹(塩分なので好みの量)を混ぜて作るタルタルソースです。

 

パンに乗せたり、フライなど揚げ物にもピッタリです。

 

アンチョビソースと言っても、いつものソースにアンチョビを加えるだけで簡単に味にコクが出て美味しいです。

 

サラダに野菜スティックに、パスタソース、パンに、色々な食べ方が楽しめます。

 

簡単なので色々アレンジして自家製のアンチョビソースを作って楽しみたいと思います。

こうじ甘酒とは?どんな効果がある?飲み方のコツは?

食材 - 発酵食品

こうじ甘酒とは、どんな効果があるんでしょうか。

 

飲み方のコツもリサーチです。

 

こうじ甘酒は、小さい頃、母が作ってくれていて冬に飲んでいました。

 

甘いけれど体がポカポカになって美味しかったのを覚えています。

 

生姜を入れてくれたりしていました。

 

懐かしい思い出です。

 

飲む点滴とも呼ばれるくらい健康に良いのが無添加のこうじ甘酒です。

 

こうじ甘酒も栄養たっぷりの発酵食品ですね。

 

1.こうじ甘酒とは

甘酒に種類があることはご存知でしたでしょうか。

 

実は、甘酒には酒粕から作ったものと米麹から作ったものがあるのです。

 

どちらも、おなじ甘酒ですが酒粕から作ったものにはアルコールが含まれており、米麹から作られたものには含まれていないのです。

 

また、栄養素にも違いがあり、こうじ甘酒はお米からそのまま作っているためミネラルなどのお米の栄養素がしっかり残っています。

 

さらに、甘みがあるのですがこれはお米に含まれているブドウ糖なので、基本的に砂糖を添加していません。

 

アルコールが含まれていないということで、子供にも飲ませられることができ栄養素も高く、今注目されています。

 

一方で、酒粕を使った甘酒と比べ価格が高いのも特徴です。

 

2.こうじ甘酒の効果とおすすめの飲み方

 

では、次に、こうじ甘酒の効果とおすすめの飲み方についてです。

 

こうじ甘酒はお米をそのまま使っているので、お米の栄養素が多く含まれています。

 

特にお米に含まれるミネラルは、酒粕の場合だと減ってしまうのに対して、直接お米から作っているこうじ甘酒には多く残っています。

 

こうじ甘酒に含まれる栄養素は、酒粕を元にして作ったものと比べても種類は違えども、非常に高い栄養価となっています。

 

つまり、「飲む点滴」と言われるように体を元気にしてくれる非常に心強いものなのです。

 

飲み方のポイントは、一日コップ一杯を習慣化させることです。

 

栄養素が高いため、日常的に飲用することで不足している栄養素を補ってくれるだけでなく、体を健康な状態に維持してくれます。

 

身体の調子が悪くなる前に予防として、体を強くしておくことは非常に重要です。

 

また、こうじ甘酒を選ぶポイントとしては、お米と米麹100%から作られているものです。

 

余計な添加物などが入っていないだけでなく、砂糖なども不使用なものがおすすめです。
無添加のものを買うといいですよ。

 

私がよく買うのは、こんな感じの本物の甘酒です。

 

砂糖が入っていなくても、本当に十分甘いからです。

 

というか砂糖が入っているものはちゃんと発酵していない可能性があるので避けましょう。

 

3.日ごろから体をサポートしてくれるこうじ甘酒

 

日ごろから体をサポートしてくれるのが、こうじ甘酒ですね。

 

自分の体が元気ないなぁと思ったのなら、是非ともこうじ甘酒をおすすめします。

 

簡単に飲むことができますよ。

 

実際一日コップ一杯なら続けやすいという方も多くいらっしゃいます。

 

栄養を取るためと意識しなくても、おいしいものを選べばついつい飲みたくなっちゃいます。

 

是非、日ごろから飲み続けて体を最高の状態に維持できるように心がけましょう。

 

初めて飲まれる方は本当に砂糖が入ってなくても甘いの?と、疑われますが、本当にびっくりするくらい甘く感じるので是非飲んでみてください。

 

ちなみに私は夏は冷凍してアイスみたいに食べています。

 

冬はお湯で割って温めて飲むと体もポカポカです。

 

豆乳に混ぜても美味しいなと私は思います。

 

生姜を少し入れるのも美味しいです。

 

自分が飲みやすい形でこうじ甘酒を試してみてくださいね。

元薬剤師のサト愛はブログには書けない+αの内緒話をメルマガで発信中
登録者全員に書き下ろしの「もう騙されない!美容健康ダイエットの真実」電子書籍PDFをプレゼント中
美容健康ダイエットの秘密を知りたい人にピッタリ!
こちら↓からどうぞ。無料です